戻る

科 目 名  中等家庭科指導法U
担 当 者  土屋 みさと
開 講 期 後期 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 中・高等学校における家庭科の指導内容を、生徒の発達段階や実態等をふまえ授業計画をたて、適した教材開発ができるよう授業実践力を高めることを目的とする。
 
 学士専門力:「教職知識理解」「教職実践力」「自己学習力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 「家庭科指導法T」で学んだ、家庭科教員として必要となる基礎的な教育内容に関する知識をもとに、中学校・高等学校における家庭科の指導内容を、生徒の発達段階や実態等をふまえ授業計画をたて、適した教材研究ができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1時間分の学習指導案を作成し、模擬授業を行うことができる。
【授業内容】
 1.オリエンテーション
 2.中学校家庭科教科書の分析(家族・家庭と子どもの成長、食生活と自立)
 3.中学校家庭科教科書の分析(衣生活・住生活と自立、身近な消費生活と環境)
 4.中学校家庭科教科書の分析から考える.
 5.高等学校家庭科教科書の分析(人の一生と家族・家庭、子どもや高齢者との関わりと福祉)
 6.高等学校家庭科教科書の分析(生活のおける経済と消費、生活の科学と環境)
 7.高等学校家庭科教科書の分析から考える
 8.学習指導案について
 9.学習指導案の作成(題材設定、題材設定の理由)
 10.学習指導案の作成(本時の目標、本時の学習内容、まとめ)
 11.模擬授業(家族・家庭生活、保育)
 12.模擬授業(食生活)
 13.模擬授業(衣生活)
 14.模擬授業(住生活、環境・消費)
 15.まとめ
 
 【授業外の学修】
 ・授業で取り扱った内容を復習し、次時までに知識等の定着を図っておくこと
 ・模擬授業等を行うにあたり、担当する内容の教材研究等を行い教材開発に努めること
 ・常に見聞を広め、日常生活に興味をもち、自らの生活を振り返りながら授業内容につなげていくこと
 
【教育方法】
 個人または小グループによる討論、課題研究・発表等を行う。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 中学校・高校での実務経験のもと、子どもたちの実態等を考慮した指導案作りの解説、模擬授業作りの提案等を行う。
 
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題発表(30%)、授業への参加態度(20%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 模擬授業・指導案(50%)
【必携図書】
 文部科学省著『中学校学習指導要領解説 技術・家庭編』(開隆堂書店、\143+税)
【参考図書】
 佐藤文子・川上雅子 共著『家庭科教育法』(高陵社書店、\2,000+税)
 堀内かおる編『生活をデザインする家庭科教育』(世界思想社、\2,300+税)
 文部科学省著『高等学校学習指導要領解説 家庭編』(\280)
 中学校教科書『技術・家庭 家庭編』(東京書籍・開隆堂・教育図書) 
 高等学校教科書『家庭総合』(実教出版・大修館・東京書籍ほか)
 *上記のほか、授業の中で随時紹介していく。
 
【履修上の注意】
 家庭科教諭の免許取得予定者は選択必修。
 家庭科指導法Tを履修後に履修することが望ましい。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 家庭科指導法Uでは、中・高等学校の教科書を中心に授業展開のあり方を研究し、授業実践力を高めることをねらいとしています。興味・関心をひきつける指導法、魅力的な教材等について研究し、相互に評価しあって、自信を持って現場の授業に臨めるようになればと思います。 
 初回授業時にオリエンテーションを行ないますので、必ず出席してください。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る