戻る

科 目 名  教育相談の理論と方法(中・高)
担 当 者  今村 亨
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

教職必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 今日の学校現場では多様な問題が日々生じており、教育相談が重要な手段として位置づけられています。この講義では教育相談に関する知識の習得および実践で役立つ基礎的技能を教授します。生徒の個別対応は当然して、教師間および他の専門家との連携や保護者対応に関する知識・技能も教授します。
 
 学士専門力:「教職知識理解」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 教育相談に関する知識を高め、実際の問題に遭遇した時に適切な対処方法を思考・実行できるようになること。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 実際の教育相談場面において実践できる判断力と実践的技能の獲得。
 (態度・志向性)
 教育相談に必要な態度や言葉遣いの獲得と、それを意識的に実践できるようになること。
【授業内容】
 第1回:教育相談とは
 第2回:生徒理解
 第3回:教師におけるカウンセリング技法
 第4回:学校における教育相談活動の在り方
 第5回:学校内の問題行動の理解と対応
 第6回:問題行動といわれる事象の理解と対応
 第7回:障害のある生徒およびその保護者の理解と対応
 第8回:中高生に起こりやすい精神疾患と身体疾患
 第9回:教育相談に必要なさまざまな連携
 第10回:保護者との協力体制の作り方
 第11回:教員のメンタルヘルス
 第12回:ロールレタリング
 第13回:模擬ケース会議
 第14回:教育相談のロールプレイ
 第15回:振り返りとまとめ
 
 【授業外の学修】
 ・各回指定された教科書の当該箇所を通読し、疑問を感じた用語等を調べ理解を深めること。
 
 
【教育方法】
 ・教科書、資料、パワーポイントを用いた講義形式(資料に記入できるためノートは必携ではない)。
 ・模擬ケース会議や教育相談のロールプレイなどの体験学習も実施する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 学期末レポートにより評価します。(70%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 上記の学期末レポート(既に述べた通り70%)および、授業ごとの小レポート(各回2%。2×15=計30%)により評価します。
 (態度・志向性)
 学期末レポート(70%)+小レポート(30%)から算出される評価点(100%)から、毎回の授業態度により、±10%の範囲で加点/減点します。
【必携図書】
 原田眞理 編著 『教育相談の理論と方法 中学校・高校編』 (玉川大学出版部) 2400円(税別)
【参考図書】
 岡本茂樹 『ロールレタリング 手紙を書く心理療法の理論と実践』 (金子書房) 2900円(税別)
 若島孔文 生田倫子 編著 『ブリーフセラピーの登竜門(改訂新版)』 (アルテ) 2000円(税別)
 
【履修上の注意】
 教職免許状取得のための必修科目です。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 予習は重要です。予習すべき個所を授業時に述べますので、事前に予習して下さい。
 復習も大事です。繰り返し復習し、自分なりの理解を深めて下さい。
 また教育相談における基本的態度は、日々の対人関係を良好にするのに役立ちます。授業で得た知識や体験を日常生活で実践してみることも薦めます。
 授業の性質上、授業内容に関する対話を重視しています。疑問が湧いた際には遠慮なくご質問下さい。それでは、お会いできる日を楽しみにしております。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る