戻る

科 目 名  特別支援教育概論(中・高・養)
担 当 者  里見 達也
開 講 期 前期 履修年次 2 必修選択別

中・高・養護免必修

単 位 数

1

時 間 数

15

授業形式

講義

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 近年世界的にインクルージョンの理念が普及する中で、日本においても共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進が重要な教育課題になっている。今後教育現場においてシステム構築に携わる中学校教諭、高等学校教諭、養護教諭養成において、特別な教育的ニーズをもつ生徒について正しく理解し、対応する力を培うことが求められる。
 
 【学士力】「専門知識理解」
【到達目標】
 (知識・理解)
 共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進の重要性を理解し、特別支援教育に関する基本的な知識を習得することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 特別な教育的ニーズのある生徒の支援のあり方について検討し、考察することができる。特に通常学級における「合理的配慮」等の理解を深め、その支援のあり方について検討し、考察することができる。
 (態度・志向性)
 教員を志望するに当たり、インクルーシブ教育および特別な教育的ニーズのある生徒の支援に関する基本的な事項等の理解に努めようとし、講義に主体的に参加することができる。
   特に障害の「疑似体験」やDVD学習等を通じて、教育者として「evidence based」の支援を行っていくという意欲を有している。
【授業内容】
 ※基本は「ZOOMによる同時双方向型遠隔授業」で実施する。
 
 第1回目:オリエンテーション、障害の概念:歴史的・制度的視点からの理解、障害児に対する支援・指導の基本理解(障害の発達とアセスメント)
 第2回目:特別支援学校の教育(1)教育課程及び特色
 第3回目:障害の理解(1):肢体不自由・病弱の理解と支援
 第4回目:障害の理解(2):感覚障害の理解と支援
 第5回目:障害の理解(3):知的障害・発達障害の理解と支援
 第6回目:保護者・団体の声
 第7回目:当事者の声
 第8回目:振り返り
 
 【授業外の学修】
  ・第1回目の授業時に配布する授業計画に示した、各授業回に関連したテキストの該当項目を予め読み込んでおくこと。
  ・毎授業後にミニレポートを提出すること。
  文部科学省WEBサイト「特別支援教育」
【教育方法】
 パワーポイントやDVD等視覚教材を用いた講義形式を基本として進める。その中で障害の「疑似体験」等のアクティブ・ラーニングを積極的に取り入れる。
   また課外学習課題を提示し、主体的に特別支援教育について学ぶ環境を構成する。グループ作業や討議も取り入れ、様々な意見や表現方法に触れるよう、履修学生が主体的に考える場面を提供し、主体的な学びをサポートする形で授業を工夫しながら展開していく。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
  ・教員の資格・職業・実務経験:元養護学校教員、教育実習指導担当
  ・具体的な教育方法:毎授業回にて、今日の教員の職務内容をはじめ、学級経営や個別の指導計画、教育支援計画の実際と課題について、現場での職務経験を踏まえた具体例を示しながら展開を示していく。
  『特別支援学校学習指導要領解説 総則等編』 文部科学省
【評価方法】
 (知識・理解)
 ※遠隔授業を通じて評価していくこととする。
 
 課題35%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ※遠隔授業を通じて評価していくこととする。
 
 発表35%
 (態度・志向性)
 ※遠隔授業を通じて評価していくこととする。
 
 授業への参加態度、平常の学習状況15%、ミニレポート15%
【必携図書】
 『特別支援教育における 介護等体験ガイドブック 新フィリア』 
 全国特別支援学校長会・全国特別支援教育推進連盟 編著 ジアース教育新社 (2020)
【参考図書】
 『Q&Aで学ぶ障害児支援のベーシック<2訂版>』 小畑文也・鳥海順子・義永睦子編
 コレール社 (2018)
 
 『特別支援学校学習指導要領解説 総則等編(幼稚部・小学部・中学部)』 文部科学省
 
 『わかりやすく学べる 特別支援教育と障害児の心理・行動特性』 河合康・小宮三彌編著
 北樹出版 (2018)
 
 『よくわかる特別支援教育 第2版』 湯浅恭正編 ミネルヴァ書房 (2018)
 
 『講座 特別支援教育 3 特別支援教育の指導方法〔第2版〕』 
  筑波大学特別支援教育研究センター/安藤隆男著 教育出版 (2016)
 
 『特別支援教育のための子ども理解と授業づくり』 
  湯浅恭正・新井英靖・吉田茂孝編著 ミネルヴァ書房 (2013)
 
 『よくわかる肢体不自由教育』 安藤隆男・藤田継道編著 ミネルヴァ書房 (2015)
【履修上の注意】
 1.中学校教諭、高等学校教諭、養護教諭免許状課程の必修科目である。
 
 2.インクルーシブ教育システムや障害児の特性についても教授を行うため、COC+子育て支援コースの必修科目であるため、同コース履修学生は必ず履修すること。
 
 3.特に義務教育制度を中心に講義を展開するため、学校教育制度や近年の教育動向についてあらかじめ文部科学省Webサイトや新聞等を必ず確認して毎回の講義に臨むこと。
 
 4.自ら予習・復習の課題を見出し、主体的に学習する者の履修を希望する。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 次回の項目内容についてテキストを読み進めておいてください。また、新聞やテレビで障害児教育に関する項目をチェックすることが大切な学びとなります。インクルーシブ教育、特別支援教育について、共に学びましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る