戻る

科 目 名  ケア概論(CW)
担 当 者  前川 有希子
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 1.対人援助職として、人間の発達と生活の営みを理解する
 2.ケアを必要とする高齢者・障がいのある人が、尊厳ある生活を送る人であるという視点を理解する
 3.ケアを必要とする高齢者・障がいのある人やその家族に対し、自立支援の視点から援助する意義を
 学ぶ
 4.医療職や他職種との連携・共働の必要性が理解できる
 5.住み慣れた地域で、ケアを必要とする高齢者・障がいのある人が生活するための支援を知る
 
  学士力:知的理解力、実践・問題解決力、思考・技能、態度指向性
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.ケアを受ける高齢者・障がいのある人を社会で支える制度や仕組みを知る
 2.ケアの対象者が、尊厳ある人として生活する意義が理解できる
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.対人援助職として、自立支援を目的とするケアとは何かを説明できる
 2.ケアの対象者の状況と能力を理解し、支援に関する知識を深める
 
 (態度・志向性)
 1.対人援助職として求められる人間性、職務倫理を理解し、行動できる
 2.ケアを受ける高齢者・障がいのある人の立場を理解し、支援に関する知識を自分の言葉で説明
 できる
 
【授業内容】
 第1回  オリエンテーション 
 第2回  ケアに関わる資格と職務倫理
 第3回  こどもから高齢者にわたる成長過程 健康の概念と生活障害
 第4回  高齢者・障がいのある人の生活障害とケア
          ノーマライゼーション・インクルージョンの考え方
 第5回  高齢者・障がいのある人の生活環境
         バリアフリーとユニバーサルデザイン
 第6回  介護保険 
         施設サービスと居宅サービス、介護支援専門員の責務
 第7回  障害者総合支援法、障害者差別解消法
 第8回  対人援助職としてのコミュニケーション技法
 第9回  ケアを支える仕組み@ 地域で暮らすシステム、多職種連携のあり方
 第10回  ケアを支える仕組みA がん患者への支援 在宅介護生活維持のサービス
 第11回  ケアを支える仕組みB 視覚障がい者への支援
 第12回  ケアを支える仕組みC 認知症サポーター養成講座受講
 第13回  ケアを支える仕組みD 介護予防とレクリエーション
 第14回  グループワーク・発表
 第15回  まとめ
 
【教育方法】
 講義中心であるがグループワーク、レクリエーション実践を行う
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
  前川有希子:介護福祉士・介護支援専門員・住環境コーディネーター3級
  通所介護事業所、特別養護老人ホーム等での実務経験(1987〜2002年)を活かして、当該科目の理論と演習を統合させて指導を行う。施設、在宅介護支援の経験を活かし、多様な環境下で対象者の尊厳を守るケアについて、基本的な知識と考え方を教
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題レポート 60%
 レクリエーション企画書 10%
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業リアクションペーパーの記述内容 10%
 グループワーク参加姿勢 10%
 
 (態度・志向性)
 授業出席状況 10%
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 授業中に指示します
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 授業には積極的に参加してください。
 自発的な意見や質問を期待します。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る