戻る

科 目 名  保育学実習
担 当 者  澤田 由美
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

実習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 子どもの成長・発達を理解した上で、家庭や保育の場で行われる生活の養護や健康の保持増進、安全について必要な知識・技術が修得でき、適切に援助、指導が実践できるよう指導する。
 
  学士専門力:「知識理解力」「思考・技能」「態度・志向性」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 子どもの養護の方法について具体的に理解できる。
 子どもの健康観察の方法が理解でき、身体症状、ケガなどの応急手当の方法が説明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 子どもの成長発達段階に応じた養護を実践する力がある。
 子どもの成長・発達について理解し、その評価ができる。
 健康増進の方法や疾病の予防、事故防止や安全管理についての知識・技術を身につけ活用できる。
 
 (態度・志向性)
 子どもとかかわる専門職として、自身の健康管理の重要性にも気づき生活を見直すことができる。
 社会に貢献したいという意欲をもち、主体的に学ぶことができる。
 
【授業内容】
 1. オリエンテーション 保育学実習の意義と目的 
 2. 日常の養護 @健康状態の把握  抱き方
 3. 日常の養護 A衣服の着脱
 4. 日常の養護 B排泄(おむつ交換等)睡眠
 5. 日常の養護 C食事 食育
 6. 子どもの身体的発達とその評価
 7. 子どもの生理機能とその評価
 8. 子どもの運動発達・精神発達とその評価
 9. 身体の清潔  清潔についての理解 手洗い
 10. 歯の健康
 11. 子どもの疾病と適切な対応  個別的な配慮を必要とする子どもと家族への対応
 12. 子どもの疾病と適切な対応  与薬
 13. 感染症の予防と対応  
 14. 事故防止とけがの応急手当 心肺蘇生法  (包帯と三角巾の使い方)
 15. 環境整備と衛生管理、安全管理
  学生の興味関心、授業の進度により、授業の順番が前後する場合がある。
 
 【授業外の学修】
 各回指示する教科書の当該箇所を要約してくること。
 
【教育方法】
 視聴覚教材・モデル人形等を利用し、子どもの養護を体験的に学べるようにする。
  グループワークを行い発表することで、主体的により深く考え学べるようにする。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験(50%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 実技(20%)、課題レポート・発表(20%)
 (態度・志向性)
  授業参加姿勢(10%)
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 内正子 編著『改訂 子どもの保健演習ガイド』(建帛社)
【履修上の注意】
 家庭科教員免許状取得必修科目
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 自身の健康についても考えながら積極的に取り組んでください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る