戻る

科 目 名  保育学
担 当 者  澤田 由美
開 講 期 後期 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 子どもの健康増進を図るため、成長発達段階に適した援助・指導が実践できるよう指導する。
 学士専門力:「専門知識理解」
 
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 保育や保健に関する専門用語や概念を理解した上で、保育の意義、集団生活をする子どもの健康および安全について理解し説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 子どもの健康、安全について環境を整え、望ましい健康教育を実践することができる。
 子どもの生活と遊びを理解し、発達段階に応じた遊びについて発表することができる。
 
 
【授業内容】
 1. オリエンテーション 保育を学ぶ意義
 2. 母子及び家族の健康管理 (妊娠中に留意する感染症、 喫煙、 飲酒など)
 3. 子どもの発育・発達と保育
 4. 子どもの生活と保健 @睡眠
 5. 子どもの生活と保健 A食事 
 6. 子どもの生活と保健 B衣生活 排泄
 7. 子どもの生活と遊び @絵本の紹介
 8. 子どもの生活と遊び A絵本の発表
 9. 子どもの健康と保健 健康観察 感染症対策
 10.家庭における看護
 11.保育における環境及び衛生管理
 12.事故防止と安全対策
 13.集団における健康教育 @計画の立案
 14.集団における健康教育 A計画案の発表 
 15.児童虐待防止  保育者の自己評価
  学生の興味関心、授業の進度により、授業の順番が前後したり変更したりする場合がある。
 
 【授業外の学修】
 各回指示する資料について要約してくること。
 
【教育方法】
 具体的にイメージできるよう視聴覚教材等を利用し、子どもの健康や安全、保健活動について主体的に学べるようにする。
  回収した課題やコメント、疑問点や意見を授業に反映させ、様々な意見や表現、考えに触れられるように工夫する。
 子どもの生活と遊びでは、1人ずつ発表することで自身の考えを伝えるとともに、他の人の考えに触れる機会とする。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題レポート(20%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 健康教育の作成(50%)、各回の授業参加姿勢(10%) グループ活動 発表(20%)
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 自分自身の健康とも結びつけ、積極的に授業に参加してください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る