戻る

科 目 名  栄養学U(福コミュ)
担 当 者  鳥居 美佳子
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

---

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 「栄養学T」で学んだ基礎知識に基づき、「食事計画−調理」の実践的知識・技術を教授する。また、各ライフステージにおいて対象者の特性を理解した上で、生涯にわたる「その人らしい」食育(栄養食事指導)のあり方を考えるきっかけを提供する。
 
 学士力:知識理解力、実践力・問題解決力、思考・技能
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 各ライフステージにおける食生活の特徴を理解し、栄養管理や食事計画の留意点を説明することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 対象者の食生活を支援するために必要な基礎的技術を修得することができる。
 対象者の食生活改善のために有用な情報を収集し、適切に提供することができる。
 
 (態度・志向性)
 すべての人々がその人らしい食生活を営むことに貢献しようという意欲を持ち、自らの食生活を通して、実践的に学ぶことができる。
【授業内容】
 1.成人期の栄養:概論
 2.成人期の栄養:生活習慣病予防のための食事とは?
 3.成人期の栄養:生活習慣病予防のための食事計画
 4.妊娠・授乳期の栄養:概論
 5.妊娠・授乳期の栄養:食事計画(成人期の食事から妊娠期の食事への展開)
 6.乳児期の栄養:概論
 7.乳児期の栄養:調乳・離乳食実習
 8.幼児期の栄養:概論
 9.学童期・思春期の栄養
 10.食育の現状と課題
 11.高齢期の栄養:概論、食事計画の留意点、食生活改善のための指導媒体について
 12.高齢期の栄養:食事計画(成人期の食事から高齢期の食事への展開)
 13.高齢期の栄養:介護食の実際(実習室で介護食の試食)
 14.高齢期の栄養:まとめ、学びの達成度の確認
 15.食生活改善のための栄養食事指導の実際
 
 【授業外の学修】事前に配付された資料とテキストの対象範囲を読み、授業内容を把握しておく。次回の演習に必要となる情報(食事内容など)を記録して授業に臨む。
【教育方法】
 パワーポイントを用いた講義形式で進める。学習内容に応じて、ワークシートを用いた演習、調理実習を組み合わせて実施する。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 医療機関の管理栄養士としての実務経験(2000〜2005年)を活かして、高齢者や疾病者等、配慮の必要な対象者の食生活支援について、理論と実践を統合させて講義する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 小試験50%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 提出物(食育媒体)20%、ワークシート20%
 (態度・志向性)
 自己評価シート10%
【必携図書】
 実教出版編修部編「オールガイド食品成分表2019」(実教出版)
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 「栄養学T」を修得済みであること。
 実習材料費(500円程度を予定)を集めることがあります。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 机上の空論にならないよう、積極的な姿勢で自分の食生活と他者の多様な食生活に向き合いましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る