戻る

科 目 名  社会と政治
担 当 者  申 龍徹
開 講 期 後期 履修年次 1・2・3・4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 ・社会制度としての政治の役割について考える。例えば、政治が存在しない社会を想像すれば、社会制度としての政治の意義や重要性が理解できる。また、なぜ政治的無関心が生まれるのか、政務活動費の何が問題なのかなど、時事的課題についても理解を深める。
 
 ・学士力:自然・社会・文化理解、自己学修力
【到達目標】
 (知識・理解)
 @現代社会における政治の役割と政治のあり方について理解できる。
 A政治の善し悪しは、政治家ではなく、有権者の意志と行動に関連していることが理解できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・当事者意識の芽生えにより、地域社会の政治のあり方を真剣に考え、行動できる。
 (態度・志向性)
 ・地域社会の構成員として政治とのかかわり方について認識できる。
【授業内容】
 講義(1〜11)+ゲストスピーカーによる講演(12〜14)
 
 (1)イントロダクション:社会と政治への招待
 (2)政治が存在しない世界は想像できるか。
 (3)政治の誕生と伝統的社会における政治の機能
 (4)都市国家や近代国家における政治の役割
 (5)福祉国家の形成過程と政治のかかわり
 (6)政治への参加が必要な理由(政治リテラシー)
 (7)戦後における無党派と政治的無関心の拡大理由
 (8)戦後日本政治の特徴(国際比較から見る)
 (9)近年の政治改革の論点整理
 (10)18歳からの選挙参加がもたらすもの
 (11)地方政治と選挙、政務活動費が問題となる理由
 (12)ゲストスピーカーによる地域政治課題についての講演@
 (13)ゲストスピーカーによる地域政治課題についての講演A
 (14)ゲストスピーカーによる地域政治課題についての講演B
 (15)総括(質疑応答)
 
 
 【授業外の学習】
 
 ・事前学習について・・・・・各回の講義テーマについて、webやマスコミなどを利用して検索ないしニュースを視聴すること。特に、時事的なテーマに関しては、関心を持ってノート整理を行い、講義中に活用すること。
 
 ・事後学習について・・・・・図書館の資料を活用し、講義で扱ったテーマや内容をより自発的に調べ、理解すること。特に、用語や概念については、専門辞書や専門書を確認して、ノート整理を行い、れぽーとの作成等に活用すること。
 
 
 
 
【教育方法】
 ・パワーポイントによる講義
 ・政治家など、外部ゲストスピーカーによる講演
【評価方法】
 (知識・理解)
 ・社会一般で使われている政治に関連する専門用語を熟知している(期末筆記試験、20%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・地域社会の中で政治活動における利害関係が把握でき、課題と解決方法についての論点整理ができる(レポート、30%)
 (態度・志向性)
 ・政治の役割を理解し、地域社会の政治課題について関心をもって理解しようとする(参加度、50%)
【必携図書】
 ・毎回、レジュメを配布する。
【参考図書】
 ・開講時に一覧表を配布する。必要に応じて随時配布する。
【履修上の注意】
 ・政治の課題は、テレビの中ではなく、日常生活の中にもたくさんあります。多元的な利害関係の中で、なぜ政治的課題が発生するのかを理解するためのトレニングとして授業に参加してほしい。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ・地域社会の政治や時事問題に関心のある学生の積極的な参加を期待します。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る