戻る

科 目 名  認知症の理解T
担 当 者  伊藤 健次
開 講 期 後期 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 1.認知症の原因疾患・症状、認知症のある人の心理的特徴並びに行動・心理症状の理解と対応を教授する。
 2.その人を中心としたケアや個別性に対応できるための能力を習得できるよう教授する。
 学士力:「知識理解力」「思考・技能」「共感的理解力」「態度・志向性」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.認知症の定義・原因疾患・症状を理解し説明できる。
 2.認知症のある人の心理的特徴並びに行動・心理症状を理解し、説明できる。
 3.認知症のある人の心理や体験世界、その人を中心とした個別的ケアを理解し、説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.認知症の原因疾患・症状、認知症のある人の生活を多面的、総合的にとらえることができる。
 2.介護を必要とする状態・状況に応じた生活支援について、当事者の視点を踏まえて検討することができる。
 (態度・志向性)
 1.提出物の締め切を厳守して提出できる。
 
【授業内容】
 第1回  認知症とは何か@ 老化の仕組みと脳の変化・脳の構造
 第2回  認知症とは何かA 認知症における記憶低下の特徴
 第3回  認知症とは何かB 認知症に類似する病期
 第4回  認知症の診断と症状@ 認知症の中核症状とBPSD
 第5回  認知症の診断と症状A 認知症の診断プロセス 認知症の原因となる疾患  
 第6回  認知症の主な原因疾患と経過@ アルツハイマー病
 第7回  認知症の主な原因疾患と経過A 脳血管性認知症/慢性硬膜下血腫
 第8回  認知症の主な原因疾患と経過B レビー小体病
 第9回  認知症の主な原因疾患と経過C 前頭・側頭型認知症
 第10回 認知症の人の心理的特徴/行動・心理症状の理解と対応の経過別の特徴
 第11回 認知症の人の行動・心理症状の理解と対応@ 行動・心理症状のメカニズム
 第12回 認知症の人の行動・心理症状の理解と対応A 行動・心理症状への対応
 第13回 認知症の予防 2大要因への対応 危険因子と緩和因子
 第14回 認知症のある当事者からの学び クリスティーン・ブライデンさんの講演から
 第15回  まとめ
 
 【時間外の学修】
 授業後に配布プリントを見直し、用語等から一つ選び、書籍・web等を参照して自己学習を行うこと。
 不明な点については出席カードのコメント欄に記載し、返答コメント・参考図書などを確認し、自己学習を行うこと。
【教育方法】
 授業は、講義形態で行う。当事者の語りなど映像教材についてもできる限り活用していく。
 出席表のコメント欄に各回の自分の学びを整理したり、質問等を記入する。その内容に対して伊藤はコメントを記入し返却すると共に次回以降の講義で必要に応じて取り上げ、詳細な説明や事例提示の必要がある場合は対応していく。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 介護現場で出会ってきた認知症の方、その家族の方についての具体的エピソードを
 できる限り紹介し、状態像のイメージ化をサポートします。
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験(50%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 定期試験(20%)
 (態度・志向性)
 授業態度(30%)  
【必携図書】
 必携図書は指定せず毎回プリントを配布するが、介護課程在籍学生や認知症に興味のある学生は参考図書のいずれかを読んでおく事が望ましい
【参考図書】
 池田学著『認知症 -専門医が語る診断・治療・ケア-』(中公新書)
 介護福祉士養成講座編集委員会編著『認知症の理解』(中央法規出版)
 長谷川和夫編著『認知症の理解 -介護の視点から見る支援の概要-』建帛社
【履修上の注意】
 介護課程必修
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 認知症の様々な側面に触れていく機会をできるだけ多く提供したいと思います。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る