戻る

科 目 名  食品化学(食品学基礎含む)U
担 当 者  吉田 雅彦
開 講 期 前期 履修年次 2・3 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  食品を理解するにはまずその成分についてよく理解することが必要である。本授業では食品化学Tに続き、食品の微量成分と成分分析および主要食品成分の分析法、そして植物性・動物性食品についての基礎知識についてよく理解することを目的とします。
 学士力:「知識理解力」「思考・技能」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
  ビタミン・無機質などの役割が理解できる。食品の色・味・香りなどの化学物質が理解できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  食品分析をとおして食品の成分の内容が理解できる。
 (態度・志向性)
  関心のある事項に熱心に取り組むことができる。
【授業内容】
 1 ビタミン1 水溶性ビタミン
 2 ビタミン2 脂溶性ビタミン
 3 無機質
 4 核酸1 分類と構造
 5 核酸2 機能
 6 食品の色
 7 食品の味
 8 中間のまとめ
 9 食品の香りと中間テスト
 10 動物性食品
 11 植物性食品
 12 食品成分の定量1 糖質・タンパク質
 13 食品成分の定量2 脂質・核酸
 14 食品成分の定量3 ビタミン・無機質
 15 まとめ
 16 期末テスト
 
  授業後にはノ−トを整理し、内容について復習して下さい。
  授業中に出された課題および実習(実験)については、レポートを提出して下さい。
【教育方法】
  講義が主ですが、演習や実習を加えて授業を進めます。また、必要に応じてプリント等を配布します。授業の最後に質問時間を設けます。口頭の場合はその場で答えます。出席用紙での質問には次回の授業の最初にお答えします。
【評価方法】
 (知識・理解)
 中間試験および期末試験の成績(50%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 レポート(30%)
 
 (態度・志向性)
 授業出席状況と授業態度など(20%)
 
【必携図書】
  教科書は特に指定しません。
【参考図書】
 食品学総論 吉田・早瀬編著 三共出版
 総合食品事典 桜井芳人 編 同文書院
 その他参考図書は、必要に応じて推薦します。
 
【履修上の注意】
 「食品化学T」を履修していることが望ましい。なお、「食品化学T」を履修していない場合は高等学校において、生物あるいは化学の科目を履修していることが望ましい。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 本授業は、教員免許状「家庭」を習得するための関連授業ですが、食品に興味のある学生さんの受講も歓迎します。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る