戻る

科 目 名  医療的ケア演習
担 当 者  出沢 秀子/畠山 義子/青柳 暁子
開 講 期 前期 履修年次 4 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

60

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 医療的ケアの基礎T・Uで習得した知識を踏まえ、「喀痰吸引」「経管栄養」を安全・適切に実施できるようになるよう教授する
 ・救急蘇生法及び事故時の対応に関する知識・技術を習得する
 学士専門力:「知識理解力」「実践力・問題解決力」「思考・技能」「態度・志向性」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 医療的ケアの基礎T・Uで学習した事項を再度確認し、理解できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 各痰吸引及び経管栄養の実施手順を踏まえ適切に実施し、合格基準に則り合格することができる
 (態度・志向性)
 対象者の命に関わるケアであることを認識し、真摯な姿勢で臨むことができる。
【授業内容】
 1.オリエンテーション / 実習物品と準備の説明
 2.口腔吸引デモ / 口腔吸引演習1
 3.口腔吸引練習 / 口腔吸引演習2.3
 4.口腔吸引練習 / 口腔吸引演習4.5
 5.鼻腔吸引デモ / 鼻腔吸引演習1
 6.鼻腔吸引演習2.3.4.5.
 7.気管カニューレ吸引デモ / 気管カニューレ吸引演習T
 8.気管カニューレ吸引演習2.3.4.5
 9.経鼻経管栄養デモ / 経鼻経管栄養演習1
 10.経鼻経管栄養練習 / 経鼻経管栄養演習2.3
 11.経鼻経管栄養練習 / 経鼻経管栄養演習4.5
 12.胃ろう栄養デモ  / 胃ろう栄養演習T
 13.胃ろう栄養練習  / 胃ろう栄養演習2.3
 14.胃ろう栄養練習  / 胃ろう栄養演習4.5
 15.ガウンテクニック
 
【教育方法】
 3グループに分かれ、各グループにつき1名の教員が担当教員となって指導を行う。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 手順の正確性(10%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 規定の合格基準に則り評価(70%)
 (態度・志向性)
 授業態度(20%)
【必携図書】
 最新 介護福祉全書 13 「医療的ケア」メヂカルフレンド社
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 動きやすい服装と上履きを着用し演習に臨むこと
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る