戻る

科 目 名  ソーシャルワーク現場実習指導T 連続2コマ
担 当 者  柳田 正明/下村 幸仁/大津 雅之/高木 寛之
開 講 期 後期 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

実習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 1.現場体験を通して社会福祉専門職(社会福祉士)として仕事をするうえで必要な「専門知識」、「専門援助技術」及び「関連知識」の内容の理解を深める。
 2.「専門知識」、「専門援助技術」及び「関連知識」を実際に活用し、相談援助業務に必要となる資質・能力・技術を習得する。
 3.職業倫理を身につけ、福祉専門職としての自覚にもとづいた行動ができるようにする。
 4.具体的な体験や援助活動を、専門的援助技術として理論化し体系立てていくことができる能力を涵養する。
 5.関連分野の専門職との連携のあり方及びその具体的内容を理解する。
  これらの目的のための導入として、実践の場を見学して実習の準備に資するものとする
 学士力:「知識理解力」「実践力・問題解決力」「人間関係形成力」「思考・技能」「共感的理解力」「地域貢献力」「態度・志向性」
 
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 (知識・理解)科目の目標にある項目を習得し、実践の場での学び、事後指導でさらに深められることができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 (思考・技能・実践)自分の興味関心はどこにあるのか、その検討によって生まれる実習課題は本当に自分の関心事に合致しているのか確認し、次年度の実習課題をつかむことができる。
 (態度・志向性)
 (思考・技能・実践)自分の興味関心はどこにあるのか、その検討によって生まれる実習課題は本当に自分の関心事に合致しているのか確認し、次年度の実習課題をつかむことができる。
【授業内容】
 1.オリエンテーション
 2.事前学習
 3.施設見学
 4.事後学習、事前学習
 5.施設見学
 6.事後学習、事前学習
 7.施設見学
 8.事後学習
  施設の都合によって、事前学習、事後学習の日程は各グループによって異なる
【教育方法】
 1グループ20人以内で見学と演習形式で学ぶ
【評価方法】
 (知識・理解)
 見学前後学習レポート提出(50%)、総括レポート(50%)で評価する
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 見学前後学習レポート提出(50%)、総括レポート(50%)で評価する
 
 
 (態度・志向性)
 見学前後学習レポート提出(50%)、総括レポート(50%)で評価する
 
 
【必携図書】
 随時紹介する
【参考図書】
 随時紹介する
【履修上の注意】
 社会福祉士受験者必修
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 3年次ソーシャルワーク実習に向けた入門講座です。
 これまで学んだ知識を現実の場で確認するとともに、社会福祉専門職としての態度や倫理を学んでください。そして、あなたが3年次の実習で何をしたいのか、多様な社会福祉施設・機関の見学をとおして、自分の課題を明確にしていくことを期待しています。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る