戻る

科 目 名  人間と心
担 当 者  多田 幸子
開 講 期 後期 履修年次 1・2・3・4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  心理学における実証的研究の知見を紹介しながら、人の心を“筋道を立てて理解する”とはどういうことかを解説し、日常のさまざまな事象を心理学的に捉える土台をつくる。
 
  学士力:「自然・社会・文化理解」
【到達目標】
 (知識・理解)
  基礎心理学における過去の研究から得られた、ひとの感覚・知覚,認知,記憶,学習,発達における特徴を理解し,説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  基礎心理学的知見をふまえ,日常的に経験する事象や現代の諸問題を心理学的視点から読解できる。
 (態度・志向性)
  人間の行動、社会的事象に対して心理学的興味・関心を寄せることができる。
【授業内容】
 1. オリエンテーション :本授業における目標
 2~9.「知る」存在としての人を考える
  (1)感覚
  (2)知覚
  (3)記憶
  (4)知識
  (5)学習と行動
  (6)学習の種類
  (7)注意
  (8)思考と思考の認知的枠組み
  (9)問題解決における思考
 10~13.「育ち,育む」存在としての人
  (1)さまざまな発達観
  (2)情動の発達
  (3)社会性の発達
  (4)愛着の発達
  (5)認知の発達
  (6)親役割を担う年長者の変化
 16. 試験
 
 ※授業外での学修
  各授業回の終了後,各自で配布した資料やメモをもとに専門用語や心理学的概念を説明できるように復習する。必要に応じて,参考文献を講読し理解を深めておくとよい。次の授業回では,冒頭で前週の授業回のふりかえりを行い,その際に理解度を確認するための発問に対する回答を求めることがある。
  ミニレポートが課された場合は,余裕をもって,各自文献を収集,講読し,その内容を的確にまとめ,期限までに提出すること。
 
【教育方法】
  授業は毎回レジュメを配布し、パワーポイントを用いて講義形式で進める。上述した内容によって、少人数でのグループをつくり,グループ内でのインタラクションを通じて特定のテーマについて理解を深めるワーク活動を行う。
【評価方法】
 (知識・理解)
 1. 知識・理解…期末試験80% 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 2. 思考・技能・実践…ミニレポートや授業中の成果物,小グループでのワーク活動10%
 
 (態度・志向性)
 3. 態度・志向性…講義・演習への参与度(自学習も含む)10%
 
【必携図書】
 指定しない。毎回、授業に関わる資料を配布する。
【参考図書】
 必要に応じて授業の中で紹介する。
 ○今井久登・平林秀美・工藤恵理子・石垣琢磨 「心理学をつかむ」 2009 有斐閣
 ○無藤隆・森敏昭・遠藤由美・玉瀬耕治 「New Liberal Arts Selection 心理学」 2004 有斐閣 等
 
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
  講義をきっかけに、受講生が自らの興味関心に基づいて学習を展開することを期待します。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る