戻る

科 目 名  人間と文化
担 当 者  浅野 充
開 講 期 前期 履修年次 1・2・3・4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 人間と文化について歴史的な観点から考えていきます。地域・時代は日本の古代を出発点とし、関連した他の時代、さらに現代にまで敷衍していく予定です。日本人は、古くからどのような文化を形成し、また社会を形作ってきたのかを具体的な事例に触れながら考えていく予定です。
 学士基盤力:「自然・社会・文化理解」「自己学習力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 日本人が古くから現代に残し、伝えてきた様々な文化、社会・政治制度を理解し、具体的に説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 講義で取り扱う人間や文化に関わる様々な事柄に関して、自ら思考し、自分の意見を述べることができる。
 (態度・志向性)
 一般的な文化や社会・政治制度を、様々な視点からとらえ直す力をつける。
【授業内容】
 以下のようなテーマを考えていきます。各テーマ2時間を基本とします。また、新しい出来事、発見なども、歴史的、文化的観点から取り上げていきます。
 
  第1回 授業ガイダンス:授業の説明と日本の文化の時代区分
  第2回 花見・桜と日本人を考える:現代の花見の成立とは
  第3回 「日本」という国名を考える:「倭」から「日本」へ
  第4回 古墳を考える@:巨大古墳とヤマト政権・倭王権
  第5回 古墳を考えるA:古墳の被葬者と日本の墓の歴史
  第6回 寺院を考える@:寺院と古墳。各文化の寺院の特徴:飛鳥文化・白鳳文化
  第7回 寺院を考えるA:各文化の寺院の特徴:天平文化・弘仁貞観文化・国風文化・院政期文化
  第8回 宮都を考える@:古代宮都の実像
  第9回 宮都を考えるA:日本史における遷都
 第10回 女帝を考える@:現代の天皇制。古代の天皇制と女帝。
 第11回 女帝を考えるA:日本古代の女性大王・天皇。中世・近世の女帝。世界の女王。。
 第12回 日本の親族・氏名を考える@:親戚関係:外戚。七夕。干支とは
 第13回 日本の親族・氏名を考えるA:源氏。姓と苗字。
 第14回 人物と肖像画を考える@:肖像画の持つ意味とイメージ。具体的な実例:聖徳太子
 第15回 人物と肖像画を考えるA:具体的な実例:源頼朝・足利尊氏・武田信玄
 定期試験
 
 【授業外の学修】
 2回目の授業の前に桜の花見をしておくと、内容により興味が持てます。それ以降のテーマに関しては、授業中にそれぞれの内容に関する見学や下調べの指示をしますので、それに応じて予習をしておいてください。なお配布プリントは次回までに復習として、内容に目を通しておいてください。
 
【教育方法】
 講義中心で進めていきます。写真や地図などのプリントを多数配布して、具体的に内容を見ていきます。講義内容は板書をしていきます。また、講義中に学生の皆さんにも小テスト形式(毎回実施する予定)でいろいろなこと書いてもらう予定です。なお、希望者は任意のレポート提出もできます(内容は1回目の授業時にプリントで配布します)。
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験(70%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 小テスト
 (態度・志向性)
 小テスト(小テスト全体で30%)
【必携図書】
 必携図書はありませんが、プリントを多数配布しますので、各自整理してください。
【参考図書】
 テーマごとに、受講生の様子を見ながら、講義中に紹介していく予定です。
【履修上の注意】
 特にありません。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 歴史、文化を今までとは少し違った観点から見ていきたいと思います。なお、高校で日本史を選択していなくても、受講できますし、理解もできると思います。非常勤講師なので当日のみの対応となります。午後はどちらかのキャンパスにいます。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る