戻る

科 目 名  生涯スポーツ
担 当 者  川村 協平
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 長い生涯にわたって快適な生活を送るためには、レクリエーションとして楽しんだり、生き甲斐となったり、人 々と交流できるような、健康増進に役立つ身体運動を習慣的に実施することが必要である。 今年度は、基本的な講義を行ったのち、生涯にわたって自分で楽しめるための軽スポーツやニュースポーツ、アウトドアゲームなどを紹介し実践する。
 
 学士力:「知識・技能・教養」「共感的理解力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 人が生きていく上で多くの人と関わる。心地よい人間関係を築くために何が必要なのかを生涯スポーツの理論と実践を通じて考えてみる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 生涯スポーツの実践が心身へ及ぼす効果・影響について理解し、説明できる。
【授業内容】
 生涯にわたって、自ら楽しい生活の構築をできるようにその理論と実践を行う。具体的には以下のような進め方をする。
 
1. 概要説明・
 2. 生涯スポーツについて考える(1)教室での講義
 3. 生涯スポーツについて考える(2)教室での講義
 4. 生涯スポーツの実践(1)
 5. 生涯スポーツの実践(2)
 6. 生涯スポーツの実践(3)
 7. 生涯スポーツの実践(4)
 8. 生涯スポーツの実践(5)
 9. 生涯スポーツの実践(6)
 10. 生涯スポーツの実践(7)
 11. 生涯スポーツの企画(1)
 12. 生涯スポーツの企画(2)
 13. 生涯スポーツの観戦(1)
 14. 生涯スポーツの観戦(2)
 15. まとめ
 生涯スポーツの実践では、ニュースポーツ(ペタンク、フリスビー、キンボール、ダーツなど)のほかやアウトドアゲーム、ボールゲーム(テニス、ソフトボール)などを行う。
 
【教育方法】
 生涯スポーツの現代的意義について講義し、多様な生涯スポーツにふれ、その楽しさや、その特色と心身への効果・影響等につ いて解説する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 期末レポートを20点満点で評価する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業時のミニレポート、授業への参加状況を80点満点で評価する。
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 授業で紹介する
【履修上の注意】
 履修年次 1・2(福祉) 1・2(形成) 1・2・3・4(全学共通科目)
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 大学時代にできる事はたくさんあります。でも待っていただけではできる事が限られてきます。今しかできない事を自分の力で手に入れてください。そのためにはいろいろな事にチャレンジしてみましょう。きっと大事なものが見えてきます。
 この授業のモットーは他人を傷つけない、自然を傷つけない、自分自身を傷つけないことです。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る