戻る

科 目 名  高齢者福祉論T
担 当 者  中島 朱美
開 講 期 前期 履修年次 2 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  高齢者福祉制度や介護保険法ならびに高齢者の福祉、介護に係わる他の法制度について学び、高齢者の生活実態とこれを取り巻く社会情勢や福祉サービスの需要への理解を深める。
 
 学士力:「知識理解力」「思考・技能」「地域貢献力」「態度・志向性」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 高齢者施策の一般的な理解を深め、介護保険制度についての説明ができる。
 高齢者を取り巻く生活環境と課題について積極的な意見をかわすことができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 高齢者を取り巻く生活環境と課題について積極的な意見をかわすことができる。
【授業内容】
 1. 現代における高齢者福祉と介護(高齢者福祉の歴史的展開)
 2. 現代における高齢者福祉と介護(少子高齢社会と介護問題)
 3. 高齢者の生活状況(高齢者の生活課題)
 4. 高齢者の生活状況(介護の社会化)
 5. 高齢者の生活を支えるしくみ(老人福祉法)
 6. 高齢者の生活を支えるしくみ(介護保険制度の背景)
 7. 高齢者の生活を支えるしくみ(介護保険制度の概要)
 8. 高齢者の生活を支えるしくみ(介護保険制度の仕組み)
 9. 高齢者の生活を支えるしくみ(介護保険制度の具体的な流れとサービス内容)
 10. 介護予防
 11. 在宅におけるケアマジメントと包括的支援
 12. 施設におけるケアマネジメントの実際
 13. 年金制度
 14. 医療保険制度と公的扶助制度
 15. 社会保障制度の今後の課題
 16. 最終試験
 
【教育方法】
 テキストを中心として補足資料、ビデオ等を交えながら講義をおこなう。
 講義前後の予習、復習を授業内容に照らし各自行う。
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験(80%)
 (態度・志向性)
 授業参加姿勢(20%)
【必携図書】
 MINERVA社会福祉士養成テキストブック「高齢者に対する支援と介護保険制度」
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る