戻る

科 目 名  カウンセリング基礎(池田開講)
担 当 者  文珠 紀久野
開 講 期 後期 履修年次 1・2・3・4 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 ・カウンセリングの基本概念、理論を教授する。
 ・カウンセリングの主要な技法を教授する。
 ・他者への援助の意味を考察する
 
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 カウンセリングとは何かを説明できる。
 カウンセリングの主要な技法について説明できる。
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 カウンセリング的関わりができる。
 カウンセリングの主要な技法を活用し、心理的援助ができる基礎的能力を修得できる。
 
 (態度・志向性)
 他者に対する暖かい関心を寄せることができる。
 他者と共にあることができる。
【授業内容】
 第1回:授業契約。カウンセリングに関するイメージの共有化
 第2回:カウンセリングの概要(1)
   @カウンセリングとは
   Aカウンセリングを必要とする場
   Bカウンセリングの歴史
 第3回:カウンセリングの概要(2) 
   Cカウンセリングの基本概念
 第4回:カウンセリングの概要(3)
   Dカウンセラーの役割と機能
   Eクライエントとは
   Fカウンセリングの成立条件
 第5回:カウンセリング技法(1)「聴かないエクササイズ」
 第6回:カウンセリング技法(2)「傾聴エクササイズ」
 第7回:カウンセリング過程
 第8回:カウンセリングの代表的な理論
  @精神分析理論
  A来談者中心療法
  B交流分析療法
 第9回:カウンセリングの代表的理論(2)
  C認知行動療法
  D芸術療法
  E箱庭療法
 第10回:カウンセリングの代表的理論(3)
  F内観療法
  G森田療法
  H遊戯療法
  I療育
 第11回:ミニカウンセリング(1)
  受講生が実施してきたミニカウンセリングを元に討議
 第12回:ミニカウンセリング(2)
  受講生が実施してきたミニカウンセリングを元に討議
 第13回:ミニカウンセリング(3)
  受講生が実施してきたミニカウンセリングを元に討議
 第14回:ミニカウンセリング(4)
  受講生が実施してきたミニカウンセリングを元に討議 
 第15回:カウンセリングにおける倫理
 
【教育方法】
 ・”今ここで”体験し、その体験をふりかえり、分かち合いながら進める”体験学習”の方法を用いて行います。
 
 ・自己の学習状況を明確化するために、授業毎に「ふりかえり」を記入します。
 
 ・ロールプレイやミニカウンセリングを行い、自分の関わりを点検しながら学修を進めます。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 1,試験の成績(50%)  
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 2,ミニカウンセリングのレポート(20%)
 3.種々の心理療法に関するレポート(10%)
 (態度・志向性)
 4,授業への取り組み態度(20%)
【必携図書】
 人間関係トレーニング ナカニシヤ出版
【参考図書】
 授業毎に適宜紹介する。泌尿器ケアとUrological Nursing(メディカ出版)のカウンセリン
 グ講座を読んでおくと良い。
 
【履修上の注意】
 ・適宜資料等を用いて授業を行います。必ずファイルすること。
 ・授業は前回の学習内容を積み重ねて進めますので、自己学修を十分行っておくこと。
 ・実際に「カウンセリング」を実施し、その逐語録を元に討議することを通して学びます。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ・不明な点とや疑問等は授業の中で積極的に出し、共に授業を創っていきましょう。
  連絡は monju@yamanashi-ken.ac.jp にお願いします。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る