戻る

科 目 名  インターンシップ
担 当 者  黒羽 雅子
開 講 期 前期 履修年次 2・3 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

講義 実習

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 この授業の目的は、自らの進路、人生設計を考え、実際にインターンシップを経験することで、将来の仕事、就業を考える機会を提供することにあります。
  インターンシップに向かう前の学習として、自己分析、マナー、エントリシートの書き方などの講義を通して就職活動の基礎的なノウハウを教授します。インターンシップ中は、日々の日誌作成、それに対する所見をいただくことで企業側からの見方がフィードバックされます。最後の成果報告会では、自らの体験を話していただくほか、他の学生の体験も聞くことで自分の成長につながります。
  また、山梨経済同友会会員企業による、企業側の視点による企業活動と企業で働くということに関する講義を実施します。
  以上のことから、就職活動への心構え、準備に向けた具体的、実践的な学習の機会を提供します。
 
 学士基盤力:「実践力・問題解決力」「人間関係形成力」「自己学修力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 自分でインターンシップ先の企業・団体・行政等を研究し、その事業内容等を理解し、内容を発表できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 インターンシップ先での経験を踏まえて、そこで得たものを自覚し、発表できる。
 (態度・志向性)
 社会人としての態度を理解し、実行できる。
【授業内容】
  
  自分はどのような職種、職業が適しているかはなかなか見つけにくく、判断することは難しいものです。実際にインターンシップを経験して、実際の企業を知り、自分にはどのような業種・職種が適しているか否かを判断することも大切です。
  インターンシップを通して、働くということ、自分の生き方と職業とのかかわり、必要な資格やスキルがわかってきます。夏休み期間中にインターンシップ(5日以上)を体験し、それをふまえて自分の将来の職業を考えていきます。
 授業は下記のスケジュールで進めます。
 第1回 4月17日(水)5限 ガイダンス、インターンシップの意味
 第2回 4月24日(水)5限 自己分析
 第3回 5月 8日(水)5限 インターンシップ先の探し方、調査書配布
 第4回 5月15日(水)5限 経済同友会講義
 第5回 5月29日(水)5限 経済同友会講義
 第6回 6月 5日(水)5限 マッチング(調査書提出)
 第7回 6月12日(水)5限 履歴書等書類の書き方
 第8回 6月26日(水)5限 マナー講座
 第9回 7月 3日(水)5限 経済同友会講義
 第10回 7月10日(水)5限 事前注意事項、各種書類配布
 第11回〜第14回 各インターンシップ先での実践
 第15回 9月25日(水)5限 成果報告会
 
 【授業外の学修】
 インターンシップ先での実践があります。
 
 
【教育方法】
 講義とディスカッションで理解を深め、各受講者はインターンシップを実践します。
【評価方法】
 (知識・理解)
 インターンシップ成果報告書(60%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 インターンシップ活動報告書(30%)
 (態度・志向性)
 授業への参加姿勢(10%)
【必携図書】
 特にありません。
【参考図書】
 必要な場合には指示します。
【履修上の注意】
 ※この授業の履修取消申請期限は他の授業と異なります。注意してください。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 この授業の基本は、学生自らがこれからの生き方、働くということを考えることにあります。自らの主体的な取り組みが必要です。「自分がどこでどのように働くのか」、「自分が興味ある仕事は何なのか」、「実際の企業とはこのように活動しているのか」といった問題意識をもって授業に臨んでください。
  新しい発見と気づきが生まれることと思います。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る