戻る

科 目 名  英語Writing2(池田)
担 当 者  池田 和子
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

必修

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 英語Writing2は1年生を対象とした授業科目で、Writing1を履修した学生を対象とした授業科目である。Writing 1で学んだ表現をいかし、パラグラフ・ライティングを習得する。
 学士専門力:「外国語活用能力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・パラグラフの基礎的な構造を理解し、明確で論理的なパラグラフを書くことができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・身近な話題や社会性のある話題について、自分の考えを効果的に表現する文章を作成できる。
 ・パラグラフを分析的に読み推敲することができる。
 
 (態度・志向性)
 ・ライティング・プロセスにおける意見交換, Peer-Editingなどの活動に積極的に参加し、主体的に英語学習に取り組むことができる。
【授業内容】
 @Introduction / Spring-Semester Review
 AUnit 7: Cause and Effect Paragraphs Topic: Habits
 BUnit 7: Cause and Effect Paragraphs Topic: Habits
 CUnit 8: Cause and Effect Paragraphs Topic: Relationship
 DUnit 8: Cause and Effect Paragraphs Topic: Relationship
 EUnit 9: Summary Paragraphs Topic: Routines
 FUnit 9: Summary Paragraphs Topic: Routines
 GReview Tasks (Units 7-9)
 HUnit 10: Summary Paragraphs Topic: Jobs
 IUnit 10: Summary Paragraphs Topic: Jobs
 JUnit 11: Opinion Paragraphs Topic: Issues
 KUnit 11: Opinion Paragraphs Topic: Issues
 LUnit 12: Opinion Paragraphs Topic: Smartphones
 MUnit 12: Opinion Paragraphs Topic: Smartphones
 NReview Tasks (Units 10-12), Notebook to be collected
 Final Exam
 
 【授業外の学修】
 Journal Writing課題(毎週)与えられたトピックについて自分の考えを自由にたくさん書いてくる。
 Paragraph Writing課題(3回)クラス内で書いたDraftを指示に沿って書き直し提出する。
 
 
【教育方法】
 Fluencyユニットでは、文法など気にしないで時間内に自由に書く演習を繰り返し行う。Accuracyユニットでは、段階的なプロセスを経て正確な文章を書き上げるスキルを習得する。
 
 ペア、グループワーク、Peer-Editingなどの活動を通して様々な意見や表現方法に触れ、学生同士で学び合う。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 Paragraph Writing (x3): 30%
 Final Exam: 15%
 Journal Writing (x12): 20%
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 Paragraph Writing (x3): 30%
 Final Exam: 15%
 Journal Writing (x12): 20%
 Writing Process (drafting, peer-review, self-editing, etc.): 15%
 Writing Notebook / Homework: 10%
 Class Participation: 10%
 
 (態度・志向性)
 Writing Process (drafting, peer-review, self-editing, etc.): 15%
 Writing Notebook / Homework: 10%
 Class Participation: 10%
 
【必携図書】
 Andy Boon著『Writing for Fluency and Accuracy』(センゲージラーニング)2,500円(税別)
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 積極的な授業への参加を望みます。
 質問などメールで連絡してください。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る