戻る

科 目 名  英語Writing2(伊藤)
担 当 者  伊藤 ゆかり
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

必修

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 英作文の基本であるパラグラフ・ライティングの習得を目的とする科目である。「英語Writing 1」で学んだいろいろな表現を生かしながら論理的かつ説得力のある英文を書くためには、きちんとしたパラグラフで書くことが必要不可欠である。この科目では、まずパラグラフ・ライティングを理解し、そのうえでパラグラフ作成を練習する。
 学士専門力:
 国際コミュニケーションコース「外国語活用能力」
 国際ビジネス・観光コース「外国語活用能力」
 地域マネジメントコース「外国語活用能力」
【到達目標】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・書式にそって、適切に構成されたパラグラフが書ける。
 ・パラグラフを推敲することができる。
 ・多様なパラグラフを書くことができる。
【授業内容】
 パラグラフの書式にそって、構成を考えつつ、モデル・パラグラフを読みながら、いろいろなパラグラフを作成する。パラグラフの推敲も練習する。
 授業計画
 @ガイダンスおよび前期の復習
 AChapter 7: Cause and Effect Paragraphs、導入からWriting Toolまで
 BChapter 7: Cause and Effect Paragraphs、Writingおよびレポート準備
 CChapter 8: Argumentative Paragraphs、導入からWriting Toolまで
 DChapter 8: Argumentative Paragraphs、Writingおよびレポート準備
 EChapter 9: Problem and Solution Paragraphs、導入からWriting Toolまで
 FChapter 9: Problem and Solution Paragraphs、Writingおよびレポート準備
 GChapter 12: Summaries、導入からWriting Toolまで
 Hchapter 12: Summaries、Writing
 IChapter 10: Time-Order Paragraphs、導入および構造
 JChapter 10: Time-Order Paragraphs、Writing ToolおよびWriting
 KChapter 10: Time-Order Paragraphsレポート準備およびChapteer 11: Process Paragraphs導入
 LChapteer 11: Process Paragraphs、構造およびWriting Tool
 MChapter 11: Process Paragraphs、Writingおよびレポート準備
 NChapter 13: Five Paragraph Essays
 
 【授業外の学修】
 ・教科書の各チャプターにおけるモデル・パラグラフをあらかじめ読んでおく。
 ・英作のレポートを5回程度課す予定である。課題に関する授業中の説明をよく聞いて、取り組むこと。
【教育方法】
 各チャプターを2〜3回で行う。適宜プリントを用いる。
【評価方法】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業への参加45%、レポート55%により評価する。
【必携図書】
 川ア眞理子ほか著、Real Writing(大学生のためのエッセイライティング入門)(南雲堂)、\2,200(税別)
【参考図書】
 必要に応じて授業の中で紹介する。
【履修上の注意】
 どのクラスで受講するか、初回授業までに必ず確認すること。クラスが確認できるまで、教科書を購入しないこと。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 授業中に英文を書くことが多いので、辞書を毎回持ってくること。
 質問などは授業中に受けるほか、オフィスアワーに研究室(A館4階408)で受け付けます。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る