戻る

科 目 名  英語Writing1(伊藤)
担 当 者  伊藤 ゆかり
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

必修

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 英作文の基本は各々の文を正しく作ることである。このことができなければ、いい文章は作ることができない。この授業においては、今までに学習した文法規則を確認しながら、正しい文を作ることを目標とする。
 学士専門力:
 国際コミュニケーションコース「外国語活用能力」
 国際ビジネス・観光コース「外国語活用能力」
 地域マネジメントコース「外国語活用能力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・パラグラフの基礎的な知識を身につける。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・文法の復習をすることで、より正しい英文を書けるようになる。
 ・与えられたテーマによるパラグラフが書ける。
【授業内容】
 モデル・パラグラフを読むことでパラグラフの形式・構造に慣れながら、文法を復習しつつ、基礎的な英作能力を身につけるための練習問題およびレポート作成を行う。
 授業計画
 @ウオーミングアップとChapter 1: Explanatory Paragraphs導入
 AChapter 1: Explanatory Paragrapshs、Writing ToolからBrainstormingまで
 BChapter 2: Information Paragraphs、導入および構造
 CChapter 2: Information Paragraphs、Writing ToolおよびWriting
 DOEDを使って英作を練習する
 EChapter 3: Opinion Paragraphs、導入および構造
 FChapter 3: Opinion Paragraphs、Writing ToolおよびWriting
 GChapter 3: Opinion Paragraphs、Outline
 HChapter 4: Descriptive Paragraphs、導入および構造
 IChapter 4: Descriptive Paragraphs、Writing ToolおよびWriting
 JChapter 5: Comparative Paragraphs、導入および構造
 KChapter 5: Comparative Paragraphs、Writing Toolおよび Writing
 LChapter 5: Comparative Paragraphs振り返りおよびChapter 6: Contrast Paragraphs導入
 MChapter 6: Contrast Paragraphs、構造およびWriting Tool
 NChapter 6: Contrast Paragraphs、Writingおよび期末レポート準備
 
 【授業外の学修】
 ・教科書の各チャプターにおけるモデル・パラグラフをあらかじめ読んでおく。
 ・英作のレポートを何回か課す予定である。課題に関する授業中の説明をよく聞いて、取り組むこと。
 
【教育方法】
 遠隔授業で行う。各チャプターを2〜3回で行う。適宜プリントを用いる。学生は、授業開始時に送信される練習問題や英作課題を行い、ファイルで送信する。授業中に送信される練習問題の解答例や説明を読んで、理解を深める。送信および提出方法については追ってメールで連絡する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 レポート20%により評価する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業への参加60%、レポート20%により評価する。
【必携図書】
 川ア眞理子ほか著、Real Writing(大学生のためのエッセイライティング入門)(南雲堂)、\2,200(税別)
【参考図書】
 特になし。
 
【履修上の注意】
 受講クラスが決定するまで教科書は購入しないこと。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 授業中に英文を書くことが多いので、辞書を必ず手元におくこと。オンライン辞書でもよい。
 質問などはメールで対応します。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る