戻る

科 目 名  英語Reading1(池田)
担 当 者  池田 和子
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

必修

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 英語Reading1は1年生を対象とした授業科目である。多読・精読などの方法により、英語読解力を養成することを目的とする。
 
 学士専門力:「外国語活用能力」
 
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・幅広い分野を題材にした英文パッセージの理論展開や概要を的確に理解できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・訳読に頼ることなく、要点となる大切な情報を整理しながら読むことができる。
 ・英文読解において、基本的なReading Skillをフレキシブルに実践できる。
 ・英文パッセージの構造を分析できる。
 
 (態度・志向性)
 ・読んだ内容やテーマに関して自分の考えや意見をまとめ述べることができる。
【授業内容】
 遠隔授業(同時双方向型)
 @Introduction
 AUnit 1: Amazing Animals – Reading A
 BUnit 1: Amazing Animals – Reading B
 CUnit 2: Travel and Adventure – Reading A
 DUnit 2: Travel and Adventure – Reading B
 EUnit 3: The Power of Music – Reading A
 FUnit 3: The Power of Music – Reading B
 GUnit 4: Into Space – Reading A
 HUnit 4: Into Space – Reading B
 IUnit 5: City Life – Reading A
 JUnit 5: City Life – Reading B
 KUnit 6: Backyard Discoveries – Reading A
 LUnit 6: Backyard Discoveries – Reading B
 MReview
 NReview
 
 【授業外の学修】
 各ユニット、同じテーマの2つのリーディングで構成されています。
 予習:重要語句の意味を調べ、Pre-Reading Tasks (Before You Read)を準備してくる。
 復習/課題:
 @読み終わったリーデイングの情報をGraphic Organizationにまとめる。
 A読み終わったリーディングのリアクションをまとめ英文で書いてくる。
 B授業で終わった部分はOnline Workbookで復習する。
 
 
【教育方法】
 ・基本的に、ZOOM/Google Meetを使った遠隔授業となります。
 ・連絡、資料の配布、課題提出には、メールまたはGoogle Classroomを使用。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
  Review Test (x2): 30%
  Final Exam: 20%
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 Class Participation(オンライン授業への参加、授業内での小テストなど含む): 30%
 Homework(授業参加準備など): 20%
 Self-Study (Online Workbook): 25%
 課題提出: 30%
 
【必携図書】
 Andy Boon著『Reading Explorer, 3rd ed. Level 1: Student Book with Online Workbook』 (センゲージラーニング)3,200円(税別)
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 質問、相談などメールで連絡してください。
 k-ikeda@yamanashi-ken.ac.jp
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る