戻る

科 目 名  子ども福祉論U
担 当 者  山田 勝美
開 講 期 前期 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 本講義では、以下の目的を設定する。
 @ 子ども家庭福祉に関わる現代的課題及び制度体系について理解する。
 A 子ども家庭福祉の歴史と発展過程
 B   子どもの権利について理解する。
 C   子どもという存在をふまえ、その具体的支援方法について理解する。
 
 学士専門力:「知識理解力」「思考・技能」「態度・志向性」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 子どもを取り巻く現代的課題と制度体系を理解できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 子どもの権利を擁護する具体的支援方法を言語化できる。
 (態度・志向性)
 子どもの示す様々な課題の根本にある課題を読み解く姿勢を身につける。
 
 
【授業内容】
 @ オリエンテーション:講義の目的と方法
 A 人口減少時代と子ども家庭福祉
 B 子ども家庭福祉の歴史とその発展過程〜主として第2次世界大戦前まで〜
 C   子ども家庭福祉の歴史とその発展過程〜主として第2次世界大戦後から今日まで〜
 D 子どもと家庭への支援活動指針―子どもの権利条約−
 E 子どもと家庭を支援する法の理念とその内容
 F 子どもと家庭を支援する機関〜主として児童相談所
 G 子どもと家庭を支援する施設〜社会的養護〜
 H 子どもと家庭を支援する専門職の役割と実際
 I 子どもと家庭を支援するためのソーシャルワーク
 J 子どもと家庭に関する現代的課題と制度体系−その1:子ども虐待と非行
 K 子どもと家庭に関する現代的課題と制度体系−その2:障がい児
 L 子どもと家庭に関する現代的課題と制度体系―その3:ひとり親家庭
 M これからの子ども家庭福祉の目指すべき方向とその課題
 N 講義のまとめ
 
 (授業外の学修)各授業毎に関連した資料を配布するので、予め読み込み、課題意識をもって授業に参加すること。
【教育方法】
 事例を交えたり、映像を用いたりする等、より理解が深められるよう工夫したい。また、講義終了時にコメント票を配布するので、質問や意見を必ず述べること。その質問等に答えるところから授業を始め、可能な限り、疑問点を解消したり、内容の理解を深くできるよう努めたい。
 
 〈実務経験のある教員による教育方法〉
 児童養護施設における児童指導員および施設長としての経験を授業で反映させていくよう努めたい。
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験 70%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業ごとのリアクションペーパーに講義での学びを整理できる。30%
 (態度・志向性)
 同上
【必携図書】
 特に設けない。
【参考図書】
 授業で随時紹介する
【履修上の注意】
 課題意識をもって臨むように努めてください。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 講義は、できる限り学生の「声」を拾いながら進めて行きたいと思っています。質問や意見を進んで述べて欲しいと思っています。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る