戻る

科 目 名  フランス語Ub
担 当 者  田中 岳
開 講 期 後期 履修年次 1・2・3・4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 フランス語IIaの内容をさらに深める。時系列での説明などができるレベル。また日本語を介さぬ学習法により、言語習得が理性的でありながら身体的営為でもあると悟得されるようにも努めたい。
 
 学士専門力:「自然・社会・文化理解」、「想像力・表現力」、「自己学修力」、「地域・国際コミットメント力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 フランス語もまた随所において、印欧諸語共通の性格を有することを知る。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 上記を踏まえ、言語活動実践の内にたとえば英語などと通底する言語感覚を体験する。
 (態度・志向性)
 フランス語習得を通じみずからの内に、母語とは異質の印欧語への帰属性を涵養する。
【授業内容】
 「フランス語IIa」を引継ぐかたちで行う授業。なるべく日本語を使わず、フランス語をフランス語のまま理解し、使えるようにするトレーニング・クラスであることに変わりはない。そえゆえ、ここでも目次項目を順番に15個並べておくだけにする。参考程度と考えてもらいたい。
 
  1. 買い物
  2. 衣類
  3. 色
  4. "quel"
  5. 倒置
  6. 形容詞
  7. 分量
  8. 依頼
  9. 料理:素材、道具、動作
 10. 店舗
 11. 部分冠詞
 12. "vouloir" と "pouvoir"の現在形
 13. "je voudrais..."
 14. マナー
 15. 美食
 
 【授業外の学修】
 既習箇所の映像と音声を毎日10分程度は反復視聴し、みずから発音する習慣を保つこと。
 
【教育方法】
 コミュニカティヴ教程による教材を用いた直接教授法
 
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 期末試験:50%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 宿題:10%
 (態度・志向性)
 授業各回の首尾:40%
【必携図書】
 Marie-José LOPES他著『totem 1』(Hachette刊)
 (今年度「フランス語IIa」の続きから始める。)
 
 
【参考図書】
 辞書や参考書を、授業の進行に合わせて教室で紹介する。
【履修上の注意】
 文法は習得済みだが音声のみでの応答には不馴れという学生には、語学力に応じ「フランス語Ia」か「フランス語Ib」もしくは「フランス語IIa」からの履修を勧める。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 質問は授業中と休憩時間に受け付ける。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る