戻る

科 目 名  フランス語Tb
担 当 者  田中 岳
開 講 期 後期 履修年次 1・2・3・4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 フランス語Iaの内容をさらに深め、人間関係の描写ができるレベルに達する。さらにはアーリア語族全体の特色にまで意識が向かうようになればよい。
 
 学士専門力:「自然・社会・文化理解」、「想像力・表現力」、「自己学修力」、「地域・国際コミットメント力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 フランス語の言語体系に対する知識を音声、文法両面から深める。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 フランス語による発話を実体験に結び付けるかたちで理解する。
 (態度・志向性)
 
 (態度・志向性)
 言語活動の実践を通して自分なりに培う能力のみが、実際の運用力に資することを悟る。
【授業内容】
 「フランス語Ia」で使ったコミュニカティヴ教程教材を引き続き用いる。よってここでも、目次から該当項目を順に15個並べておくにとどめる。参考程度と考えてもらいたい。
  1. 自己紹介 :年齢、家族、職業
  2. 家族
  3. 職業
  4. “être”と“avoir”
  5. 強勢形
  6. 自己紹介:日付、使用言語、出身地、居住地
  7. 国籍
  8. 前置詞と国名
  9. 規則動詞1形
  10. リズム
  11. 人となりを尋ねる
  12. 名詞と動詞の複数形
  13. 連絡をとる
  14. 所有形容詞
  15. イントネーション
 
 
 【授業外の学修】
 既習箇所の映像と音声を毎日10分程度は反復視聴し、みずから発音する習慣を保つこと。
 
【教育方法】
 コミュニカティヴ教程による教材を用いた直接教授法。
 
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 期末試験:50%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 宿題:10%
 (態度・志向性)
 授業各回の首尾:40%
【必携図書】
 Marie-José LOPES他著『totem 1』(Hachette刊)
 (今年度「フランス語Ia」の続きから始める。)
 
【参考図書】
 辞書や参考書を、授業の進行に合わせて教室で紹介する。
【履修上の注意】
 文法知識は多少あるものの音声のみでの応答には不馴れという学生には、「フランス語Ia」からの履修を勧める。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 質問は授業中と休憩時間に受け付ける。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る