戻る

科 目 名  フランス語Ta
担 当 者  田中 岳
開 講 期 前期 履修年次 1・2・3・4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 はじめて学ぶ学生が初歩的な日常フランス語を話し、読み書きできるまでになる。すなわち挨拶、自己紹介にはじまり、他者の容貌描写などが口頭および文書を通じ行えるレベル。
 
 学士専門力:「自然・社会・文化理解」、「想像力・表現力」、「自己学修力」、「地域・国際コミットメント力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 大半の学生の母語である日本語とは音声、文法ともに異なる言語体系の中に身を置き、そのありようを知るに至る 。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 耳に押し寄せる未知の言語音の内に法則性を見出し、自分なりの文法を構築してゆく。
 (態度・志向性)
 母語にて記述された出来合いの文法書への安直な依存を絶つ。
【授業内容】
 20年来外国語教育の主流となっているコミュニカティヴ教程による教材を用いる。毎回所定の学習項目を順に仕上げてゆくような授業はいけないとする教程なので、目次項目を初めから単純に15個和訳のうえ並べておくだけにする。参考程度と考えてもらいたい。
 
  1. フランス語入門
  2. 名前を言う
  3. 挨拶
  4. 主語人称代名詞
  5. 名詞の強勢形
  6. 定冠詞
  7. フランス語のリズム
  8. 文字を読む
  9. フランスでの生活
  10. 性と数の書き分け
  11. アクセント記号
  12. アルファベット
  13. 単数と複数を聞き分ける
  14. 敬語表現
  15. 不定冠詞
 
 【授業外の学修】
 既習箇所の映像と音声を毎日10分程度は反復視聴し、みずから発音する習慣をつけること。具体的な方法は教室で紹介する。
 
【教育方法】
 コミュニカティヴ教程による教材を用いた直接教授法。フランス語のみの環境に身を置くことで、音声および文法体系を能動的に体得、実用的な言語能力を獲得する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 期末試験:50%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 宿題:10%
 (態度・志向性)
 授業各回の首尾:40%
【必携図書】
 Marie-José LOPES他著『totem 1』(Hachette刊)
【参考図書】
 辞書や参考書を、授業の進行に合わせて教室で紹介する。
【履修上の注意】
 期末試験にいたるまで音声中心に展開するので自習は難しく、欠席すれば落ちこぼれるであろう。休まず出席し、積極的に口を開いてほしい。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 質問は授業中と休憩時間に受け付ける。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る