戻る

科 目 名  韓国語Ub
担 当 者  樋笠 恵子
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義・演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 日常会話から簡単な会話や歴史や文化が言えるレベルまでを目指す。
 簡単な文学書などを読み訳し、異文化をより理解し、社会、想像力、表現力を育ってる。
 韓検3級を目指す学習。
 
 学士専門力:自然・社会・文化理解」「想像力・表現力」「自己学修力」「地域・国際コメットメント力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 「言語と文化の違いにきづき」韓国語の学習を通じて、韓国に慣れ親しみ、理解を深め、文章、会話の表現力を身に付けていくことを到達目標とする。韓国小2年用の教科書の読み訳ができるようにする。
 
 
【授業内容】
 韓国語Tabの学習をさらに進め、文章の理解力を育て、基本的な文法を学習すると共に、日常会話だけではなく表現できる会話力を育成する。
 第1〜3週    常に会話を中心としたプレゼンテーション学習になる。
        初級のまとめ、用言 動詞,存在詞、形容詞,指定詞など 連体形
 第4〜6週   (変則用言:原因、理由、不可能)
 第7・8週   椎量 尊敬語、謙遜語、ことわざ等
 第  9週   ドラマ、ニュース等話題になっているものなどをテキストと平行併行し学習する。
 第10〜15週 話題によって前後します。
 
【教育方法】
 語彙力を増やす学習とし、常に平易な日常会話を指導します。随時練習問題を取り入れて実践的な会話の練習を行います。全て会話の文章を中心にするので学習内容は前後する場合もある。
【評価方法】
 (知識・理解)
 授業に対する積極性、小テスト等による平常評価と、期末試験により、総合的に評価する。(筆記試験及び会話能力、出席率) 欠席した授業の場合は,授業内容)をフォローアップしていることを前提とする。
 再試験・単位授与のためのレポート等は認めない。
 
【必携図書】
 書いて覚える 中級韓国語(白水社 ISBN 4−560−06763−5) 2300円+税
【参考図書】
 授業の中で紹介する。
【履修上の注意】
 努力次第で韓国語Uからの履修も可能ですが韓国語Tを修了してから履修をするのが望ましい。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 韓国語は語順が方々同じで漢字語の発音も日本語に非常に似ていて楽しく学習、上達すると思う。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る