戻る

科 目 名  韓国語Tb
担 当 者  樋笠 恵子
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義・演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 韓国語の学習を通じて、韓国に慣れ親しみ、異文化の理解を深める。初級文法や語彙を学習すると共に、細々な文化の比較を行う。基礎固めを目的として授業を組み立て進めて行く。Taの文法範囲は実用韓国語検定5級のレベルを目標とします。前期で全体の3分の2程度の範囲を終え、基礎的な部分を理解し、つぎのステップにつなげることとする。。
 
 学士専門力:「自然・社会・文化理解」「想像力・表現力」「自己学修力」「地域・国際コメットメント力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 外国語活動において韓国語の学習を通し、韓国に慣れ親しみ、理解を深め、「言語と文化の違いに関する気づき」異文化を理解した上での日常会話が少しできるようにする。
【授業内容】
 文字を始め、発音、読み書き、基礎文法を学習し、基本語句形の理解が出来るようにします。修了時には基本的な構造が理解できることを目指す。
【教育方法】
 発音と文字の形に慣れる事を目標とします。韓国語の一番大切な骨組みについて学習し簡単な文法事項を習得します。解説が中心になりますが、随時発音練習や練習問題等を取り入れての指導。欠席した場合は、確実に授業内容(宿題含)をフォローアップしていることを前提とする。
【評価方法】
 (知識・理解)
 前期・後期の二回の筆記試験及び、出席率、平常点等を総合して評価する。
  テスト60%,平常点(授業参加態度,発表、 宿題・小テスト)40%。客観性の認められる就職活動や学業活動,冠婚葬祭等)による 欠席はその都度相談のこと。再試験・単位授与のためのレポート等は認めない。
 韓検合格者には加点する。
 
【必携図書】
 書いて覚える初級韓国語(白水社 ISBN 4−560−00581−8)
 
 
【参考図書】
 授業の中で紹介する。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 講義内容を復習し都度、理解をもって進むことが語学学習には不可欠であるので、出席と復習をかねた宿題遂行を特に重んじる。任意的な課題の機会も応用し、一歩ずつ確実に自分のものにしていこう!
 
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る