戻る

科 目 名  韓国語Ta
担 当 者  樋笠 恵子
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 外国語活動において「言語と文化の違いにきづき」が重点目標の一つとされている。韓国語も同様である。韓国語の学習を通じて、異文化の理解を深める。
 
 学士専門力:「「自然・社会・文化理解」「想像力・表現力」「自己学修力」「地域・国際コメットメント力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 「言語と文化の違いに気づき」韓国語の学習を通じて、韓国に慣れ親しみ、異文化を理解する。韓検5級までを到達目標とする。
【授業内容】
 文字を始め、発音、読み書き、基礎文法を学習し、基本語句形の理解が出来るようにします。  修了時には基本的な構造が理解できることを目指す。
 
   第1〜3回:文字について学習する。文字と発音、子音、平音、激音、濃音、
         単複合母音、名称、(簡単な文字の読み書きと自分の名前が書けれる。)
 
   第4〜6回:単語の発音。濃音,激音、決まり文句などを覚えながら発音に慣れる)
         終声(1) 連音,平音の濃音化、鼻音化 流音化
 
   第7〜8回:終声(2) 連音、助詞について。 (〜は、が、〜を、〜も、〜になど)       
   第 9 回:日本語のハングル表記と発音 (発音の規則)
 
 第10〜11回:基本文型,体言否定(〜は〜です。 〜は〜ではありません)疑問文、
         表現を学ぶ (〜と言います、言いますか)
  
 第12〜13回:数詞(漢・固有数詞) 時間、曜日
 
 第14〜15回:辞書の引き方 過去形   漢字語のまとめ、
 
 
 
 
 
 
【教育方法】
 同時双方向型式の遠隔授業をします。 グーグルClassroomとグーグルMeetを使います。
 文字の読み方と初級文法を学習すると共に、日本と韓国の食を始めとする基本的な文化の比較を行う。韓国語の総合力を身に付ける学習を行う。
 前期は文法中心授業にあて,基礎固めの授業を組み立進めて行う。
 Tの文法範囲は実用韓国語検定5級のレベルを目標とする。前期で全体の3分の2程度の範囲を終え,韓国語の基礎的な部分を理解し,つぎのステップにつなげることにする。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 期末筆記試験及び、出席率、平常点等を総合して評価する。
 テスト60%,平常点(授業参加態度,発表、 宿題・小テスト)40%。客観性の認められる就職活動や学業活動,冠婚葬祭等)による欠席はその都度相談のこと。再試験・単位授与のためのレポート等は認めない。
 
 韓検合格者には加点します。
【必携図書】
 書いて覚える初級韓国語(白水社 ISBN 4−560−00581−8)
【参考図書】
 授業の中で紹介します。
【履修上の注意】
 教員の免許状取得のための選択科目、
 積極的な参画、コミュニケーションを重視し取り組むこと。
 オンライン授業を行いますので、PCとインターネットに接続できることが必要です。
 Google Meetを使います。ブラウザもChromeをインストールしておいてください。
 
 初の遠隔授業の為、学生の声を基に前後したり一部変更することがあります。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る