戻る

科 目 名  日本語教材研究
担 当 者  西部 由佳
開 講 期 前期 履修年次 2 必修選択別

日本語教員必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 広く使用されている初級教科書を細かく分析することで、初級コースにおいて学習者が学ぶ日本語(文法・語彙)について理解することを目的とする。そのため、まずは教材に関する基礎知識を導入する。さらに教科書分析を通して、日本語教師として授業を行う際、どのような点に留意すべきかについて指導を行う。
 
 学士専門力:「国際コミュニケーション専門力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 いくつかの初級教科書を比較することで教材に関する基礎知識を身に付けることができる。
 教科書の内容を分析することで、初級における文法・語彙を知り、初級日本語を理解することができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 自らの日本語を振り返りながら分析を進めることができる。
 学習者の立場に立って、日本語を学ぶ際の困難点や初級を教える際の留意点を考えることができる。
 
 (態度・志向性)
 客観的に教材を分析し、自分なりの意見が言える。
 日本語教育に携わる者としての自覚を身に付ける。
 
【授業内容】
 【授業内容】
 1. オリエンテーション / テキスト分析1(初級テキストを比較・分析)
 2. テキスト分析2(初級テキストを比較・分析)
 3. テキスト分析3(初級テキストを比較・分析)/発表準備
 4. 「みんなの日本語 第2版」教科書各課分析 
 5. 「みんなの日本語 第2版」教科書各課分析 
 6. 「みんなの日本語 第2版」教科書各課分析 
 7. 「みんなの日本語 第2版」教科書各課分析 
 8. 「みんなの日本語 第2版」教科書各課分析 
 9. 「みんなの日本語 第2版」教科書各課分析 
 10 「みんなの日本語 第2版」教科書各課分析 
 11 「みんなの日本語 第2版」教科書各課分析 
 12 「みんなの日本語 第2版」教科書各課分析 
 13 「みんなの日本語 第2版」教科書各課分析 
 14 「みんなの日本語 第2版」教科書各課分析 
 15 「みんなの日本語 第2版」教科書各課分析 / まとめ
 
 *受講生の数、授業の状況によって進度、分担を決めます。
 【授業外の学修】
 ・「みんなの日本語 初級1 第2版」の各課をグループで分担して発表する。その際、レジュメ・PPTを作成する。授業中の指示に従うこと。
 ・第3回「教科書分析」の後、各自のグループ発表の後、及び、第15回の授業終了後に「振り返り」を書いて提出する。
 
 
【教育方法】
 <アクティブラーニングを取り入れた教育方法>
 グループで「みんなの日本語」の各課の内容分析を行い、授業で発表する。発表者は指定された形式でレジュメ・PPTを作成し、発表後は学習者にとっての困難な点、教える際の留意点についてクラスでディスカッションをする。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題30%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 発表 35%(発表レジュメを含む) 課題 30%
 (態度・志向性)
 平常点35%(出席/ペアワーク・グループワークへの取り組み/授業参加度)
【必携図書】
 『みんなの日本語 初級1 第2版』 スリーエーネットワーク (2,500円+税)、2014
【参考図書】
 『みんなの日本語 初級T第2版』翻訳・文法解説 スリーエーネットワーク、2014
 『初級を教える人のための 日本語文法ハンドブック』スリーエーネットワーク、2005
 『国際交流基金 日本語教授法シリーズ9 初級を教える』 (株)ひつじ書房、2007
 
【履修上の注意】
 2016年度以降入学生:日本語教員養成課程必修科目
 履修予定の人は第1回授業から必ず出席してください。
 テキストを第1回目の授業から持ってくること。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 積極的な授業への参加を望みます。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る