戻る

科 目 名  日本語教育方法論
担 当 者  萩原 孝恵
開 講 期 後期 履修年次 2・3・4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 日本語教員養成課程における必修の基礎科目。日本語教育の専門家に求められる基礎的知識として、外国語教授法の変遷と各理論について概観する。また、知識として頭に入っているだけでは現場で応用できないため、学んだ教授法を“実際にやってみる”という体験型授業を通して、知識と実践の融合を図る。
 学士専門力:
 ・国際コミュニケーション「国際コミュニケーション基礎力」「国際コミュニケーション専門力」 
 ・国際ビジネス・観光  「国際政策教養力」
 ・地域マネジメント   「国際政策教養力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 日本語教育能力検定試験で問われる基礎的な事項について理解し、説明することができる。
 外国語教授法の変遷と各理論の概要を理解し、説明することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 知識として学んだ外国語教授法を体現することができる。
 日本語教師になったつもりでパフォーマンスをすることができる。
 
 
 (態度・志向性)
 必要な教材や教具を準備する。
 柔軟な発想のもと、恥ずかしがらずにチャレンジすることができる。
 
 
【授業内容】
 1. 日本語教師の役割〈講義〉
 2. 外国語教授法の変遷〈講義〉
 3. 外国語教授法 (1)直接法、オーディオ・リンガル・アプローチ、広義のコミュニカティブ・ア
 プローチ〈講義〉
 4. 外国語教授法 (2)オーディオ・リンガル・アプローチ〈実践〉
 5. 外国語教授法 (3)オーディオ・リンガル・アプローチ〈FB〉
 6. 外国語教授法 (4)TPR、サイレント・ウェイ、CLL〈講義〉
 7. 外国語教授法 (5)TPR〈実践+FB〉
 8. 外国語教授法 (6)CLL〈実践+FB〉
 9. 外国語教授法 (7)ナチュラル・アプローチ、コミュニカティブ・アプローチ、サジェストペデ
 ィア〈講義〉
 10.外国語教授法 (8)コミュニカティブ・アプローチ〈実践+FB〉
 11.外国語教授法 (9)サジェストペディア〈実践+FB〉
 12.外国語教授法(10)脱教授法時代、内容重視の教授法、協働言語学習法、タスク重視の言語教授法
 13.外国語教授法(11)内容重視の教授法〈実践+FB〉
 14.外国語教授法(12)タスク重視の言語教授法〈実践+FB〉
 15.日本語を教えるということ〈講義〉、まとめ
 定期試験
 *各回の内容は受講者の状況に応じて変更する場合があります。
 
 
【教育方法】
 〈アクティブ・ラーニングによる教育方法〉
 授業は次のように進める。
 講義→実践→問題点の共有・コメント
 〈講義〉パワーポイントを使用する。DVDで教授法を紹介する。
 〈実践〉受講者は、パフォーマンスを行う。実践前、実践後に提出物あり。
     担当者は、必要に応じて問題点を共有したりコメントしたりする。
 
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験(50%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 実践(20%)
 (態度・志向性)
 授業参加度(30%)
【必携図書】
 高見澤孟『新・はじめての日本語教育2 日本語教授法入門(増補改訂版)』(アスク、2016年、1,900円+税)
 
 
【参考図書】
 石田敏子『改訂新版 日本語教授法』(大修館書店、1995年、2,300円+税)
 高見澤孟[監]『新・はじめての日本語教育 基本用語事典』(アスク、2004年、2,500円+税)
 鎌田修・川口義一・鈴木睦『日本語教授法ワークショップ(増補版)』(凡人社、2007年、2,600円+税)
 鎌田修・川口義一・鈴木睦『日本語教授法ワークショップ DVD』(凡人社、2006年、10,000円+税)
 
【履修上の注意】
 ・日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)必修科目。
 ・「日本語教育概論」を履修していること。
 
 
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 受講者同士が教師役になったり学習者役になったりして、授業で学んだことを実際にやってみます。頭で理解していることと、実際に行うこととの違いや難しさを体験してみてください。日本語教育の奥深さとおもしろさを発見し、将来に役立ててほしいと思います。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る