戻る

科 目 名  日本語の表現T(文章表現)
担 当 者  二戸 麻砂彦
開 講 期 前期 履修年次 新:1, 旧:2・3・4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 日本語による「文章を書く」という観点から、その基礎的な表現力を鍛錬し。実践力を養う。
 学士力:「国際施策教養力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 文章表現に関する基本的な知識を理解し、的確な論題の設定ができるようにする。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 日本語による論理的な構成を構築し、緻密で説得力のある文章が書けるようにする。
 (態度・志向性)
 言語は時間的変遷の上に成り立つ社会的な文化であることを常に認識できる態度や指向性を目指す。
【授業内容】
 日本語の表現という場合の対象には、その意味内容からいって音声言語・文字言語いずれもが該当する。しかし、一般的には文字言語における表現法のことを「日本語表現法」といっている。そのために、いわゆる「作文」の上達術を「日本語の表現」であると考えている場合があるが、それは一部にすぎない。意思伝達の手段として言語を、どのように具体化するかという過程において、私たちはさまざまな観点からの言語表現を試みるのであるから、「日本語の表現」は音声・音韻・文字・文法・語彙・方言などの広い範囲にわたって考究されなければならない。しかも、具体的な言語による事実を目指す点から言っても、理論と実践との両面が必要となるであろう。そこで、今回は指定の教科書を用いて、「日本語の表現」の理論と実践を講義する予定である。さらに、パソコンなどの情報機器を使った日本語の表現も講義する。
 第01-03回/これまでの文章表現を内省する。
 第04-07回/文章表現のための形式(第1回課題を含む)
 第08-11回/文章表現のための技術(第2回課題を含む)
 第12-15回/文章表現のための内容(第3回課題を含む)
【教育方法】
 4回の授業を1サイクルとして、講義と課題作成(文章添削を含む)を交互に進める。
【評価方法】
 (知識・理解)
 授業への取り組み(30%)
 全04回の課題作成と発表(70%)
 文章表現に関する基本的な知識を理解し、的確な論題の設定ができたかどうか。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業への取り組み(30%)
 全04回の課題作成と発表(70%)
 日本語による論理的な構成を構築し、緻密で説得力のある文章が書けるようにしたかどうか。
 (態度・志向性)
 授業への取り組み(30%)
 全04回の課題作成と発表(70%)
 言語は時間的変遷の上に成り立つ社会的な文化であることを常に認識できる態度や指向性を目指したかどうか。
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 黒田龍之介『大学生からの文章表現』(ちくま新書889)
 和田利政・金田弘『国語概説 五訂版』(大日本図書1997)
 *「日本語学概論」の教科書でもある。
 *その他、多数につき、必要に応じて随時紹介する。
【履修上の注意】
 国語科教員免許取得の必修科目。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 随時、オフィスアワーの活用を望む。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る