戻る

科 目 名  日本語教育概論
担 当 者  萩原 孝恵
開 講 期 前期 履修年次 総・国 1・2 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 日本語教員養成課程の必修基礎科目。
 この授業は、日本語教育で必要とされる基礎的な知識を紹介・提示する日本語教育への入門科目である。「日本語を母語としない人に日本語を教えるとはどういうことか?」「日本語を一つの言語として客観的に捉えるとはどういうことか?」といった観点から、日本語を分析的にみていく日本語教育の基礎を学ぶ。
 学士専門力:
 ・国際コミュニケーションコース「国際政策教養力」「国際コミュニケーション基礎力」
 ・国際ビジネス・観光コース  「国際政策教養力」
 ・地域マネジメントコース   「国際政策教養力」
 ・人間形成学科        「専門知識理解」「研究力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 日本語教育を学ぶにあたり必要とされる基礎的な知識(音声、文法、文字・表記、語彙等)を理解し説明することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 「日本語」という言語がどのようなものなのかを分析的にみたり考察したりすることができる。
 (態度・志向性)
 日本語や日本語教育への興味関心が生まれる。
【授業内容】
 第1回:オリエンテーション、日本語教育とは?
 第2回:第1章 言語としての日本語(1)系統、語順、類型 
 第3回:第1章 言語としての日本語(2)特性 
 第4回:第2章 日本語の音声(1)「音(おん)」、音節、リズム、母音、子音、半母音
 第5回:第2章 日本語の音声(2)音素、無声化、アクセント、イントネーション、日本語の音声指導、日本語教師の音声訓練
 第6回:第3章 日本語の文法(1)日本語文法と国文法、文型教育、品詞分類
 第7回:第3章 日本語の文法(2)動詞の活用、文法的特徴
 第8回:第3章 日本語の文法(3)名詞文、主語と主題、「こそあど」詞
 第9回:第3章 日本語の文法(4)形容詞、「〜たい」と「ほしい」
 第10回:第3章 日本語の文法(5)動詞と表現意図、「いる」と「ある」、自動詞と他動詞、「ている」
 第11回:第3章 日本語の文法(6)可能表現、使役表現、受身表現、授受表現
 第12回:第3章 日本語の文法(7)助詞、「は」と「が」の用法、「を」の用法、「に」と「で」の用法
 第13回:第4章 文字・表記
 第14回:第5章 語彙
 第15回:第7章 心理学―学ぶということのメカニズム― 
 定期試験
【教育方法】
 <アクティブ・ラーニングを取り入れた教育方法>
 基本的に講義形式で行うが、授業中に実施するタスク活動を通して、日本語のルールなどへの気づき・発見を促す。また、講義に関連する課題の提出も求める。
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験(50%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 課題(20%)
 (態度・志向性)
 参加度(30%)
【必携図書】
 高見澤孟監修『増補改訂版 新・はじめての日本語教育1 日本語教育の基礎知識』(アスク、2016年、2,052円)
【参考図書】
 高見澤孟監修『新・はじめての日本語教育 基本用語事典』アスク
 日本語教育学会編『日本語教育事典』大修館書店
 
【履修上の注意】
 日本語教員養成課程(主専攻相当・副専攻相当)の必修科目です。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 日本語教育への入門授業です。この授業を通して、日本語や日本語教育に関心を持ってもらえたらと思います。積極的な授業への参加を望みます。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る