戻る

科 目 名  日本語学概論
担 当 者  二戸 麻砂彦
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 日本語とはどのような言語か?
 日本語学からのアプローチをする。
 どの言語においても、それを母語としている場合には、客観性のある内省的な分析は容易ではない。日本語がどのような言語であるかを、日本語学の立場から、音韻・文字・語彙・文法・表記・方言など分野別に概説し、あわせて基本的な日本語研究の方法を説明する。
 学士力:「国際施策教養力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 基本的な日本語に関する知識や研究の方法を修得する。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 日本語の特徴を分野別に概観・分析できるようにする。
 (態度・志向性)
 言語は時間的変遷の上に成り立つ社会的な文化であることを常に認識できる態度や指向性を目指す。
【授業内容】
 おおまかな目次をつぎに掲げる。
 なお、詳細な授業計画については初回の講義において提示する。
 第01回/序説(1) 言語とは何か?言語における分節と線状性。
 第02回/序説(2) 世界の言語とその分類?日本語のルーツは?
 第03回/序説(3) 日本語と国語(広狭定義)の違いはどこに?
 第04回/日本語の音声・音韻(1) 現代日本語の音声・アクセントを分析記述するには。
 第05回/日本語の音声・音韻(2) 実体の見えない音韻、その解釈と記述。
 第06回/日本語の音声・音韻(3) 古代から現代まで、音韻の変遷がもたらすものは?
 第07回/日本語の文字(1) 文字の本質に迫る。いわゆる表音文字と表意文字とは?
 第08回/日本語の文字(2) 漢字・仮名・ローマ字など多種多様な文字体系。
 第09回/日本語の語彙(1) 和語・漢語・外来語などの諸問題を考える。
 第10回/日本語の語彙(2) なぜ辞書は必要か?規範性と実用性の狭間。
 第11回/日本語の文法(1) 文法と文法論の認識をする。
 第12回/日本語の文法(2) 日本語における敬語とは何か?
 第13回/日本語の文法(3) 「てにをは」から生成文法まで
 第14回/日本語の文章 完全なる文章表現はあり得るのか?
 第15回/日本語の方言 日本語の方言と共通語・標準語
【教育方法】
 講義の形態による。
【評価方法】
 (知識・理解)
 授業への取り組み(30%)
 披見不可の筆記試験(70%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業への取り組み(30%)
 披見不可の筆記試験(70%)
 基本的な日本語に関する知識や研究の方法を修得したかどうか。
 (態度・志向性)
 授業への取り組み(30%)
 披見不可の筆記試験(70%)
 言語は時間的変遷の上に成り立つ社会的な文化であることを常に認識できる態度や指向性を目指したかどうか。
【必携図書】
 *教科書として以下の書籍を使う。
 『国語要説 五訂版』(和田利政・金田弘/大日本図書)
【参考図書】
 *概論という性格上、多数にわたるため、逐次講義の中で紹介する。
【履修上の注意】
 特になし。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 教科書では十分な情報を伝えられないことが想定されるので、補助的なプリントを相当数配布する予定。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る