戻る

科 目 名  日本文化論
担 当 者  大村 梓
開 講 期 前期 履修年次 2・3・4 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 This course offers a comparative study on modern Japanese culture from various perspectives. Students are required to attend all classes, give a group presentation and submit a final short essay in English. All texts are read and discussion is conducted in English.
 *This course accepts only 30 students. Please attend the first meeting of this course, otherwise you will not be allowed to sign up for this course.
 
 *本講義の定員は30名です。国際コミュニケーションコースに所属している学生を優先します。定員を超えた場合、国際コミュニケーションコースに所属していない学生は本講義を受講できません。
 
 *国際コミュニケーションコースの学生には予備登録のメールが届いているので、メールの指示に従ってください。締切は4月27日23時59分です。
 
 *本講義はGoogle ClassroomとMeetを通してオンラインで行われます。履修許可が出た学生はGoogle Classroomへの参加を招待されるので、初回授業前日までにグループに参加してください。
 
 !重要なお知らせ!2020年度の履修者は定員に達しました。履修を許可された学生はGoogle Classroomへ招待されています。確認してください。(4月28日)*4月28日にGoogle Classroomへの招待が来ていない学生は2020年度に日本文化論は履修できないので、履修登録をしないでください。国際コミュニケーションコースを選んだ編入生はオリエンテーションで配られた資料に従ってください。(4月30日追記)その他履修に関して問い合わせがある学生は教務室に申し出てください。(5月1日追記)
 
 学士力[国際コミュニケーション基礎力][国際コミュニケーション専門力]
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 The chief objective of the course is to analyze Japanese culture from various perspectives. By examining literary texts, guide books, films and news articles, students will discover how the Japanese have perceived and transformed Western culture into their own culture through modernization.
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 Another objective is to explore how Western people have observed Japan and the difference between images of ‘traditional Japan’ and ‘modern Japan’ in modern Western culture. The study of Western people’s attitudes toward ‘modern Japan’ will help students to understand present-day Japan as a part ofthe international society.
 
 (態度・志向性)
 This course will encourage students to understand Japanese culture in a comparative way.
【授業内容】
 Class 1 General Introduction to the Course
 Class 2 Culture in the Edo Period
 Class 3 Culture in the Meiji and Taisho Period
 Class 4 Guidebooks of Modern Japan1
 Class 5 Guidebooks of Modern Japan2, Quiz1
 Class 6 Guidebooks of Modern Japan3, Preparation for Group Presentation
 Class 7 The Background of Contemporary Japan
 Class 8 Japanese Culture in Films1: Lost in Translation
 Class 9 Japanese Culture in films2: Lost in Translation, Quiz2
 Class 10 Japanese culture in Films3: Lost in Translation, Preparation for Group Presentation
 Class 11: Quiz3: Group Presentation
 Class 12 Japanese Contemporary Family1: ‘A Family Affair’
 Class 13 Japanese Contemporary Family2: ‘A Family Affair’, Quiz4
 Class 14 Japanese Contemporary Family3: ‘A Family Affair’
 Class 15 How to Write an Academic Paper, Summary
 
 *Students are required to read assigned texts before coming to classroom.
 (*オンライン講義になるため、多少変更する可能性があります。)
【教育方法】
 The course evaluation is based on attendance, participation in discussion, quizzes and a final short essay. Students are required to submit a final short essay discussing a topic that will be given later.
 
 <アクティブ・ラーニングによる教育方法>
 グループワークと発表を行い、積極的に自分の意見を発信する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 Quizzes 40%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 Final essay 40%
 (態度・志向性)
 Participation in discussion 20%
【必携図書】
 To be announced.
 
【参考図書】
 To be announced.
【履修上の注意】
 【国語科教員免許】「教科又は教職に関する科目」
 【日本語教員養成】「選択科目」
 
 *本講義はGoogle ClassroomとMeetを通してオンラインで行われます。履修許可が出た学生はGoogle Classroomへの参加を招待されるので、初回授業前日までにグループに参加してください。
 
 !重要なお知らせ!2020年度の履修者は定員に達しました。履修を許可された学生はGoogle Classroomへ招待されています。確認してください。(4月28日)*4月28日にGoogle Classroomへの招待が来ていない学生は2020年度に日本文化論は履修できないので、履修登録をしないでください。国際コミュニケーションコースを選んだ編入生はオリエンテーションで配られた資料に従ってください。(4月30日追記)その他履修に関して問い合わせがある学生は教務室に申し出てください。(5月1日追記)
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 予習復習を十分に行い、自主的に参加できる学生を待っています。
 
 *本講義はGoogle ClassroomとMeetを通してオンラインで行われます。履修許可が出た学生はGoogle Classroomへの参加を招待されるので、初回授業前日までにグループに参加してください。
 
 !重要なお知らせ!2020年度の履修者は定員に達しました。履修を許可された学生はGoogle Classroomへ招待されています。確認してください。(4月28日)*4月28日にGoogle Classroomへの招待が来ていない学生は2020年度に日本文化論は履修できないので、履修登録をしないでください。国際コミュニケーションコースを選んだ編入生はオリエンテーションで配られた資料に従ってください。(4月30日追記)その他履修に関して問い合わせがある学生は教務室に申し出てください。(5月1日追記)

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る