戻る

科 目 名  メディア・リテラシー
担 当 者  兼清 慎一
開 講 期 前期 履修年次 1・2 必修選択別

IC必修、IC以外は選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 メディアのテクストを実際に制作するプロセスを体験してもらいます(能動的実践)。また、メディアを批判的に読み解く目線を獲得します(批判的記述)。
 学士専門力:「国際政策教養力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 メディアを制作するプロセスを体験しつつ、理解できる。
 メディアを制作するプロセスから生じる問題点を理解できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 作り手の立場から、メディアのテクストを批判的に読み解く力が身につく。
 (態度・志向性)
 文章を書くことが好きになる。
 オーディエンスの立場に立って、表現の方法を工夫することが好きになる。
【授業内容】
 ※ 最新の情報を取り扱いため、以下の授業内容は変更される可能性があります。
 ※ 実際にポストカードや名刺、動画などを制作しながら、メディアの特性を深く理解していきます。
 
 ◉全体構成
 第1回、メディアとは何か
 第2回、メディアリテラシーを学ぶ意味/メディアを読み解く視点
 第3回、ラジオ〜誕生、歴史、社会とのかかわり
 第4回、テレビ〜誕生、歴史、社会とのかかわり
 第5回、新聞というメディアの今
 第6回、メディアとしてのネット
 第7回、フェイクニュース/フィルターバブル
 第8回、新聞の制作現場から〜ゲスト講師による講義
 第9回、テレビの制作現場から〜ゲスト講師による講義
 第10回、テレビの制作現場から〜ゲスト講師による講義
 第11回、メディア制作のプロセス
 第12回、編集というプロセス
 第13回、広がるメディアの概念
 第14回、最終課題作品の発表・講評@
 第15回、最終課題作品の発表・講評A
【教育方法】
 最終課題として、何らかの作品を作成して発表してもらいます。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 NHKでの実務の経験も踏まえ、授業を行います。
 NHKでの職歴は次のとおりです(1990年4月〜2015年3月:報道局経済部記者、フランクフルト支局長、ロンドン支局長、報道局ネット報道部チーフプロデューサー、ニュース番組「NEWSWEB」編集責任者等を歴任)
 (具体的な教育方法)
 ・メディア制作に従事している講師を招聘します。
 ・メディア制作を実践します。
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題とレポート(30%程度)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 課題とレポート(30%)
 (態度・志向性)
 レポート/出席状況(60%程度)
【必携図書】
 必要に応じ、紹介します。
【参考図書】
 水越伸「21世紀メディア論(放送大学大学院教材)」放送大学教育振興会
 このほか、授業中に随時、紹介します。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る