戻る

科 目 名  英語現地演習2
担 当 者  伊藤 ゆかり/高野 美千代
開 講 期 集中 履修年次 1・2・3・4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

60

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 イギリスのヨーク大学で約4週間の集中コースを受講し、英語力を向上させる。ヨークでの研修期間は大学周辺のイギリス人家庭にホームステイするため、一日中英語を使わなければならない環境を経験することになる。英語力を養成するばかりでなく、イギリス人の生活文化に触れ、見聞を広める絶好の機会である。
 学士専門力:
 国際コミュニケーションコース「国際政策教養力」「能動的実践力」「外国語活用能力」
 国際ビジネス・観光コース「国際政策教養力」「能動的実践力」「外国語活用能力」
 地域マネジメントコース「国際政策教養力」「能動的実践力」「外国語活用能力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・イギリスの文化や社会に関する知識と理解を深める。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・英語圏で生活・学習するために必要な英語によるコミュニケーション能力を習得する。
 (態度・志向性)
 ・異文化に対する旺盛な好奇心をもつ。
 ・外国において、さまざまな状況に対応し問題を解決する力をもつ。
【授業内容】
 イギリス・ヨーク大学英語教育センターの教員が英語で授業を行う。クラスは本学の学生のみで構成され、サイズは15名以下となる。英語の4技能のうち、スピーキングとリスニングに特に力を入れたプログラムになっている。
 
 【授業外の学修】
 ・研修前に本学で実施される説明会と特別講座に出席すること。
 ・研修中は、ヨーク大学教員が出す課題を行うこと。
【教育方法】
 基本的には月〜金曜日に90分授業が午前2時間、午後1時間行われる。平日に半日の小旅行・見学が行われることがある。また、週末に一日旅行が計画される場合もある。
【評価方法】
 (知識・理解)
 現地の授業担当教員の出した成績をもとに、国際政策学部担当教員が評価する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 現地の授業担当教員の出した成績をもとに、国際政策学部担当教員が評価する。
 (態度・志向性)
 現地の授業担当教員の出した成績をもとに、国際政策学部担当教員が評価する。
【必携図書】
 適宜指示する。
【参考図書】
 図書館に参考図書が用意してあるのでそれらを読んでおくこと。
【履修上の注意】
 参加者10名以上で実施する。参加希望者は、後期履修登録時までに必ず履修登録をすること。なお、この短期留学の費用は約60万円程度であるが、外国為替および英国の物価変動もあるので、費用の点も含めてよく検討したうえで履修登録することが望ましい。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 質問は授業の際、またはオフィスアワーで対応するので気楽にたずねてほしい。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る