戻る

科 目 名  英語Discussion2
担 当 者  J.ストロースマン
開 講 期 後期 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 この授業は、英語で話す際に必要とされる基礎的な知識を身につけるDiscussion形式の科目である。
 
 学士専門力:「外国語活用能力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 英語を学ぶにあたり必要とされる基礎的な知識(音声、文法、会話術、語彙等)を
 理解し活用することができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 「英語」という言語がどのようなものなのかを分析的にみたり考察したりすることができる。
 (態度・志向性)
 英語や社会への興味関心が生まれる。
【授業内容】
 Depending on the number of students and the topics they choose, content will differ.
 第1回:授業説明、discussion leading の実演
 第2回:Student 1 leads Discussion 1
 第3回:Student 2 leads Discussion 1
 第4回:Student 3 leads Discussion 1
 第5回:Student 4 leads Discussion 1
 第6回:Student 5 leads Discussion 1
 第7回:Student 6 leads Discussion 1
 第8回:Student 7 leads Discussion 1
 第9回:Student 1 leads Discussion 2
 第10回:Student 2 leads Discussion 2
 第11回:Student 3 leads Discussion 2
 第12回:Student 4 leads Discussion 2
 第13回:Student 5 leads Discussion 2
 第14回:Student 6 leads Discussion 2
 第15回:Final Discussion, レポート提出
 
 【授業外の学修】
 ・二回Discussion leader の仕事各を課すため、指示に従い準備すること。期末レポートを書くこと。
 
【教育方法】
 <アクティブ・ラーニングを取り入れた教育方法>
 基本的に授業中に実施するディスカッション活動を通して、英語の特性に関する理解を深める。また、講義に関連する課題の提出も求める。
【評価方法】
 (知識・理解)
 Presentation 1 (25%),  Presentation 2(25%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 レポート課題(20%)
 (態度・志向性)
 参加度(30%)
【必携図書】
 ビデオ映像や授業内で配布するプリントをもとに話すので教科書を使いません。
【参考図書】
 和英英和辞典、電子でも紙でも携帯の中でも構いません。単語を調べることができればOKです。
【履修上の注意】
 This class is entirely in English.
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る