戻る

科 目 名  国際政策演習U(卒業研究):大村
担 当 者  大村 梓
開 講 期 集中 履修年次 4 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 自らの設定したテーマを考察し、卒業論文を執筆する。日本文学・日本文化(映画、表象芸術も含む)や翻訳論に関しての国内外の専門書を読み、文学作品や映画作品の学術的な鑑賞を行い、学生の研究発表・議論・意見交換を行う。学生の関心に応じてフィールド・ワークも適宜行う。日本国内の地域の特色などにも、焦点を当てていく。
 
 学士力[能動的実践力][専門的問題解決能力]
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 日本文学・日本文化について体系的な知識を持ち、比較文学・比較文化的視点を用いて理解し、資料の分析・考察ができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 自らが設定したテーマに関して、説得的な論文の執筆を行うことができる。
 
 (態度・志向性)
 研究計画に沿って自主的に研究を行い、一定の成果を得るように努力することができる。
 
【授業内容】
 広く日本文学・日本文化・比較文学・比較文化(国内外・国内地域間)に関するテーマを選び、文献の収集・講読・考察・研究発表を行い、卒業論文を完成させる。
 
 ・研究計画を立てる
 ・先行研究のまとめ
 ・論文の目次の決定
 ・執筆作業(序論・本論)
 ・フィールド・ワーク
 ・中間発表
 ・執筆作業(終論)
 ・執筆作業まとめ
 ・最終発表
 
【教育方法】
 各自の設定したテーマに沿った文学作品や映画作品の学術的鑑賞、文献講読、研究発表、議論、フィールド・ワーク等を行う。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題 30%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 論文総合 60%
 (態度・志向性)
 平常点 10%
【必携図書】
 講義中に適宜指示する。
【参考図書】
 講義中に適宜指示する。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 日本文学・日本文化を広く研究したい学生の参加を待っています。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る