戻る

科 目 名  国際政策演習U(卒業研究):二戸
担 当 者  二戸 麻砂彦
開 講 期 集中 履修年次 4 必修選択別

選択必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 学生が自ら設定した国際コミュニケーションに関する課題について、さまざまな方法や分析を用いつつ学習・研究を進め、その成果を論文に集大成する。
 学士力:「国際施策実践力」「専門的問題解決能力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 自ら設定した研究課題について、文献や資料を収集・読解し、調査することにより、問題解決に向かって理解と研究を深めることができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 収集した文献や資料を自らの判断で適切に取捨選択しながら計画的に調査を進め、自らの思考や研究成果を的確に表現することができる。
 
 (態度・志向性)
 研究課題について熱心に研究し、理解を深め、解決に向かう努力を持続できる。
【授業内容】
 学生の設定課題や報告に対する教員の指導・助言や学生相互の討論などを中心とする。
 前期までに終えた研究課題の最終決定および関連資料の収集をもとに、
 資料の整理・分析を進め、論文の骨子を完成する。
 後期からは、具体的な執筆に取りかかる。
【教育方法】
 各自が選択した卒業研究の内容により、個別的な指導をする。
【評価方法】
 (知識・理解)
 取り組みへの結実である卒業論文をもって評価する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 取り組みへの結実である卒業論文をもって評価する。
 (態度・志向性)
 取り組みへの結実である卒業論文をもって評価する。
【必携図書】
 特になし。
【参考図書】
 各自の研究課題に適合した図書を個別に紹介する。
【履修上の注意】
 特になし。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 随時、オフィスアワーの活用を望む。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る