戻る

科 目 名  国際政策演習U(卒業研究):森田
担 当 者  森田 玉雪
開 講 期 集中 履修年次 4 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 国際経済および国際金融の現状や課題を理解していることを前提に、それらの課題の中から各自がテーマを選択して研究を行い、政策提言を行うことを目的とする。テーマについてはある程度の自由度を持って選択できることとするが、その場合も経済学的手法を用いた分析結果に基づき政策提言を行いうる内容であることを必須とする。
 
 学士力:「能動的実践力」「専門的問題解決能力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 自分の専門分野に関して知識を深め、下級生にも分かりやすく説明できるようになる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 論理的思考を身に付け、研究目的のもとに適切な情報を選択し、分析することができる。研究成果を他者に的確に伝えることができる。
 (態度・志向性)
 課題を自ら堀り起こせる批判的精神を身に付ける。
【授業内容】
 原則として週1回各自のテーマについて進捗を報告し、学生および教員との討論を通じて、論文を構築していく。
【教育方法】
 演習形態で授業を行う。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 日常の研究への取り組み姿勢、卒業論文の内容、および卒業論文発表会での報告を合わせた総合評価とする。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 日常の研究への取り組み姿勢、卒業論文の内容、および卒業論文発表会での報告を合わせた総合評価とする。
 (態度・志向性)
 日常の研究への取り組み姿勢、卒業論文の内容、および卒業論文発表会での報告を合わせた総合評価とする。
【必携図書】
 テーマに応じて個別に指導する。
【参考図書】
 テーマに応じて個別に指導する。
【履修上の注意】
 資源問題、国際経済、国際金融などに関わる講義を修得していること。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 卒業研究のテーマについて、常に頭の隅に置いて、研究の進め方を考え続ける習慣を付けて下さい。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る