戻る

科 目 名  国際政策演習U(卒業研究):箕浦
担 当 者  箕浦 一哉
開 講 期 集中 履修年次 4 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域実践科目

 
【科目の目的】
 学生が自ら総合政策に関わる課題設定を行い,それぞれの接近方法により課題に対する学習を深め,また演習形態での報告・討論を通じて問題を多面的に捉え,学習成果の『集大成』となる研究をまとめる。学生の研究テーマに応じて,学科全教員が演習を分担し,指導に当たる。
 学士力:能動的実践力
 
【到達目標】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 自身のテーマについて研究計画を立て、調査研究を実施し、卒業論文をまとめることができる。
 (態度・志向性)
 自律的に研究を進めることができる。ゼミにおける議論や活動に貢献することができる。
【授業内容】
  履修者は各自の研究テーマを設定し,研究を進める。研究のテーマは,主として環境社会学およびその関連分野に関するものとする。特に,地域環境保全やまちづくりに関する住民・NPO・企業・行政などの活動・意識について現場から新しい知見を得ようとする研究が推奨される。研究の過程では,個別指導とゼミによる討議によって研究内容を深めるほか,随時個人指導もおこなう。研究成果は最終的に卒業論文としてまとめる。卒業論文は,学術的または政策的に対外的な発表に耐えうる水準を求める。
 
【教育方法】
  ゼミおよび個別指導の機会に,履修者は個々の研究の進捗状況を報告し,指導を受ける。ゼミでは履修者相互の討議もおこなう。課題演習(3年次ゼミ) と合同で実施する。
 
【評価方法】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 卒業研究の取り組み内容(40%)
 (態度・志向性)
 卒業研究への取り組み態度(30%)、ゼミへの参加態度(30%)
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---  関連サイト

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る