戻る

科 目 名  国際政策演習T(卒業研究):杉山
担 当 者  杉山 歩
開 講 期 集中 履修年次 4 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域実践科目

 
【科目の目的】
 学生が自ら設定した国際関係に関する課題について、それぞれの地域振興活動や研究方法に基づいて調査研究を深め、その成果を論文等に集大成することを目的とする。
【到達目標】
 (知識・理解)
  1)現実の地域振興活動に参加し、その現状や課題を理解できる。
  2)多様な地域振興方法を理解することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1)論文やパワーポイントを使った意見発表ができる。
 2)創造的なアイディア創発技法を用いいて、問題の解決案の提案ができる。
 3)自らの研究を、論理的にわかりやすく伝えることができる。
 (態度・志向性)
 他者や社会に対して誠実に行動することができる。
 
【授業内容】
 地域資源の利活用について、自らの哲学に基づいたアイディアを提案出来、卒業研究の作成のための資料収集や分析方法、論文の作成方法を学ぶ。あわせて実際に卒業論文を作成し、その発表方法についても指導する。
【教育方法】
 アクティブ・ラーニング形式の講義を実施する。
  関係書籍の輪読、各自が作成した研究計画に基づき口頭発表、アンケート調査、ヒヤリングなどを選択的に実施し、自分の卒業研究を執筆する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
  卒業論文とその発表会でのプレゼンテーション内容(80%)
 (態度・志向性)
 授業への積極性・貢献度(例:講義中の質問の数、意見の表明の内容など)(20%)
【必携図書】
  授業中に適宜指定する。
【参考図書】
 適宜指定する。
【履修上の注意】
 3年時ゼミを履修していることを原則とする。
 各自ノートPCを持参する事が望ましい。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る