戻る

科 目 名  国際政策演習T(卒業研究):吉田
担 当 者  吉田 均
開 講 期 集中 履修年次 4 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域実践科目

 
【科目の目的】
  学生が自ら設定した国際関係に関する課題について、それぞれの地域振興活動や研究方法に基づいて調査研究を深め、その成果を論文等に集大成することを目的とする。
 
  学士力:「能動的実践力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 1)現実の地域振興活動に参加し、その現状や課題を理解できる。
 2)多様な地域振興方法を理解することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  1)論文やパワーポイントを使った意見発表ができる。
  2)国際関係や地域振興という視点から、社会を多面的に捉えることができる。
  3)自らの研究を、論理的にわかりやすく伝えることができる。
 (態度・志向性)
 1) 公共性を意識し、他者や社会に対して誠実に行動することができる。
 2)現実の国際関係や地域振興活動を研究論文にし発表することで、主体的に学ぶ喜びを体験することができる。
【授業内容】
 地域社会からみた国際関係論(国際関係論、開発経済学、国際協力論、国際観光など)を対象に、卒業研究の作成のための資料収集や分析方法、論文の作成方法を学ぶ。あわせて実際に卒業論文を作成し、その発表方法についても指導する。
 
 【授業外の学修】
 チーム別に事業の企画・実施に関する検討会議あり。
 事業企画書や報告書など作成あり。
 上記のそのほか毎週火曜日12:20〜13:00、全学年の吉田ゼミ履修者によるランチミーティングを開催する。同ミーティングで、ゼミ全体の活動方針やターゲットを議論する予定。
 
 
【教育方法】
 アクティブ・ラーニング形式の講義を実施する。
  関係書籍の輪読、各自が作成した研究計画に基づき口頭発表、アンケート調査、ヒヤリングなどを選択的に実施し、自分の卒業研究を執筆する。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 ・講義の一部を担当する吉田均の職業・実務経験:笹川平和財団プログラムオフィサー、外務省専門調査員、東京財団研究員、環日本海経済研究所客員研究員として、国際交流や国際協力を企画実施、関連政策を研究してきた。
 
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 卒業論文とその発表会でのプレゼンテーション内容(80%)
 (態度・志向性)
 授業への積極性・貢献度(例:講義中の質問の数、意見の表明の内容など)(20%)
【必携図書】
 授業中に適宜指定する。
【参考図書】
 【参考図書】
  下記以外は、授業中に適宜指定する。
 
  1、澁谷彰久・波木井昇・安達義通(編著)2016年 「人口減少社会と地域力の創造」 日本評論社 3,400円
  2、後藤一美・大野泉・渡辺利夫(編)、2005年、『シリーズ国際開発第4巻 日本の国際開発協力』(日本評論社、2800円+税)。
  3、毛受敏浩(編著)、2003年、『国際交流・協力活動入門講座I 草の根の国際交流と国際協力』(明石書店、2300円+税)。
  4、浜田麻里ほか、2011、『大学生と留学生のための論文ワークブック』(くろしお出版、2500円+税)。
 
【履修上の注意】
 【履修上の注意】
  課題演習(3年生の吉田ゼミ)を履修していることを原則とする。
  人数が多い場合は、事前面接による選抜を実施する。その際は、活動実績と面接(または簡単なテスト)で決定する。これまでに国際関係での調査や事業、インターン、ボランティア等の活動経験がある者が望ましい。履修希望者は、必ず事前に相談に来ること。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 自ら積極的に卒業研究を進める意志のある学生のみを望みます。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る