戻る

科 目 名  国際政策演習T(卒業研究):石山
担 当 者  石山 宏
開 講 期 集中 履修年次 4 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 “会計ビッグバン”の掛け声とともに迎えた21世紀の現代経済社会では,会計知識の取得はビジネス・エリートにとっての必要条件といえます。本演習では,企業外部に対する会計たる財務会計の理論と制度を研究します。
 学士力:「企業会計理解力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 財務会計の全体像を理解したうえで,興味を持った分野を掘り下げ,卒業論文を制作します。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 卒業論文の制作を通じ,財務会計における問題の所在を発見し,関連資料を収集・分析し,一定の結論を導きます。
【授業内容】
 ◆財務会計を概観した後,各自でテーマを決定し,学修の集大成として卒業論文を制作します。
 ◆卒業論文制作においては,進行の都度,学生が報告するスタイルを基本とします。報告者は基本書のみを材料とするのではなく,専門書や論文にも目を通し,より質の高い報告を目指します。
 ◆就職活動においても有用な演習となるようプログラムします(例:時事問題対策など)。
 
【教育方法】
 双方向コミュニケーション・スタイルにより,演習を進行させます。また,演習内で論点となった項目について,適宜課題を与えます。
【評価方法】
 (知識・理解)
 報告(50%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 制作物(50%)
【必携図書】
 演習生と協議のうえ決定します。
【参考図書】
 演習生と協議のうえ決定します。
【履修上の注意】
 「簿記」「上級簿記」「会計学」および「経営分析論」が履修済であることが望まれます。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 卒業論文は,個人の学修履歴として生涯残るものであるため,製本に見合うような水準の作品を目指してください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る