戻る

科 目 名  国際政策演習T(卒業研究):熊谷
担 当 者  熊谷 隆一
開 講 期 集中 履修年次 4 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

地域課題科目

 
【科目の目的】
 学生が自ら総合政策にかかわる課題設定を行い、それぞれの接近方法により課題に対する学習を深め、また演習形態での報告・討論を通じて問題を多面的に捉え、学習成果の「集大成」となる卒業研究をまとめる。学生の研究テーマに応じて、学科全教員がそれぞれの専門について演習を分担し、指導にあたる。
【到達目標】
 (知識・理解)
 自治体学(市民の、市民による、市民のためのまちづくりを実践するための理論)の修得(理解し、説明できること)だけでなく、それにもとづいて自分なりに文章を書けるようになること。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 これまで養った論理的思考能力、創造力、コミュニケーション能力、リーダーシップ、社会・対人関係力などを活かし、現場に足を運んで視察やヒアリング、その他の調査を実施して、学士論文を執筆する。
 
 (態度・志向性)
 地域社会や市民政府の自覚した担い手としての意識を持って、新社会人の仲間入りができるこをと目指す。
 
【授業内容】
 これまで修得してきた自治体学(市民の、市民による、市民のためのまちづくりを実践するための理論)が真に自分自身の血肉となること(人生や生活の指針となること)を目指し、単に自治体学を理解し、説明できるだけはなく、自分の考えに基づいた文章を書けるようにする。また、これまで養った「人間力」をフル活用して、自ら現場に出て行って視察、ヒアリング、調査をしてもらう。この理論学習と実践(調査研究活動)との成果として、最終的に卒業論文を作成する。これによって、ゼミ生が、市民(会社員、公務員<議員・首長を含む>、起業家、NPOやNGOの担い手、大学院生、主夫<婦>などなど)として、地域社会や市民政府の自覚した担い手として、社会に巣立つことができるものと期待している。
 【授業外の学修】卒業論文を逐次執筆していくこと。そのためには、上述の文献調査、現地調査およびヒアリング等を各自で実施することが必須となる。
【教育方法】
 相談によってテーマを決定し、調査研究を実施する。適宜その進捗状況を報告してもらうが、他の学生には、司会者またはコメンテーターとして議論に参加してもらうまた、必要に応じて、フィールドワークや合宿などを随時実施する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 各回の草稿執筆、質疑応答(10%)。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 卒業研究の成果物(80%)。
 
 (態度・志向性)
 各回の授業参加、調査対象先でのヒアリング状況(10%)。
【必携図書】
 講義時に適宜紹介する。
【参考図書】
 講義時に適宜紹介する。
【履修上の注意】
 2019年度はこの国際政策演習T(卒業研究)を前期のみ開講する。従って、後期は他の教員の国際政策演習U(卒業研究)を履修する必要があるので留意して欲しい。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ゼミ生については、オフィス・アワーの時間以外にも、随時チュートリアル(ゼミ生のニーズに合わせた個別指導。例えば、研究発表の準備、就職活動の相談、人生相談など)を実施します。事前に電話やメール等でアポイントメントを取って研究室に来てください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る