戻る

科 目 名  地域理解演習T:安達
担 当 者  安達 義通
開 講 期 集中 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 これまでのゼミ活動のなかの実践的内容を単位化した授業です。地域情報誌(「Kofuret」)や地域情報MAP(「こうふのかるて」)など、地域情報を発信する媒体を作成する予定です。具体的には、冊子の企画、取材、編集、印刷、公表などを通して実践的な様々なスキルを身に付けていきます。また、具体的な成果が残ります。
 学外に出て活動することが多いため、様々な人に会うことになります。資料の収集やレポートの作成方法だけでなく、コミュニケーション能力、論理的思考力を養います。
【到達目標】
 (知識・理解)
 アポイントメントの取り方、インタビューや情報収集の仕方を理解することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 インタビューなどによる情報収集を行い、それらを使って3,000字程度の論理的な文章が書けるようになる。
 (態度・志向性)
 学外の地域振興の現場で適切に振る舞うことができる。
【授業内容】
 1.イントロダクション
 2.調査テーマの設定
 3.調査対象の選定
 4.調査方法についてT:インタビューとは
 5.調査方法についてU:インタビュー方法
 6.インタビューT:インタビュー@の実施
 7.インタビューU:インタビュー@のまとめ
 8.インタビューV:インタビューAの実施
 9.インタビューW:インタビューAのまとめ
 10.中間発表会
 11.インタビューX:インタビューBの実施
 12.インタビューY:インタビューBのまとめ
 13.インタビューZ:インタビューCの実施
 14.インタビュー[:インタビューCのまとめ
 15.最終のまとめ
 
【教育方法】
 インタビューなどの方法を学んだあと、現場に出て行ってインタビューをしてもらい、受講生の前で発表してもらうなど、演習形式で授業を進めます。
【評価方法】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 期末レポート70%
 
 
 (態度・志向性)
 授業での積極性30%
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 これまでのゼミの実践活動部分の授業化となりますので、私の課題演習を履修している人が優先になります。課題演習を履修していない学生は、面接の上、受け入れる場合があります。まずは相談にしてください。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 インタビューなど、外部の話を聞いたり、現場訪問をしたりと、外部との接触を大事にしたいと思います。積極的に取り組める人の受講を求めます。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る