戻る

科 目 名  国際政策課題演習U:安藤
担 当 者  安藤 勝洋
開 講 期 集中 履修年次 3 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
  卒業研究につながる演習として、調査研究のための資料収集や分析方法、そして、研究論文の作成方法を学ぶことを目的とする。
  学生は、国際や地域に関する問題やテーマを自ら選択したうえで、調査研究を実施し、研究報告を行い、受講者間の討議によって理解を深める。
  また、学習テーマに応じて、参考文献の輪読を行い、文献の読み方についても学習する。興味があるテーマやプロジェクトなどを自らの力で進め、その経験を基にして、卒業研究に必要な課題解決力、思考力、論理力、表現力、コミュニケーション力を鍛練する。
 
 学士力:能動的実践力、専門的問題解決能力
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 卒業論文を書くための基礎力が身につく。
 フィールドワーク、調査、文献の活用について理解する。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 多様な視点から、物事の見方を持つことができる。
 (態度・志向性)
 他者の意見を理解し、自分の意見を明確に言えるようになる。
【授業内容】
 国内外の観光まちづくり、地域開発にかかる諸課題を議論の対象とする。受講生は、既往研究、最近の潮流を捉えたうえで、研究の着眼点や対象地域を選び、解決策等を分析していく。
 
 第1回:研究テーマを抽出する
 第2回:既往研究、類似事例の調査
 第3回:既往研究、類似事例の読み込み
 第4回:既往研究、類似事例の整理
 第5回:既往研究、類似事例と研究テーマとの関連、位置づけを発表
 第6回:研究テーマにかかる調査方法の検討(文献調査、資料調査、インタビュー調査等)
 第7回:調査の準備
 第8回:調査の実施、情報取集
 第9回:調査の実施、情報収集
 第10回:調査の実施、情報収集
 第11回:調査結果のまとめ
 第12回:レポート、プレゼンテーションの作成
 第13回:レポート、プレゼンテーションの作成
 第14回:最終発表
 第15回:まとめ
 *進捗状況等により、変更されることがあります。
 
【教育方法】
 演習形式の授業で、アクティブラーニング形式ですすめる。
 地域に潜在する課題等に対して、単なる発想のみに頼るのでははなく、既往研究、文献、過去の事例等から導き出されるロジカルな思考力によって取り組む能力を養う。
 
 【実務経験がある教員による教育方法】
 教育の資格・職業・実務経験:元JICA(国際協力機構)観光分野専門家
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 レポート、発表(60%)
 (態度・志向性)
 授業への参加態度(40%)
【必携図書】
 特になし。
【参考図書】
 授業中に適宜紹介します。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 興味があることを深く追求して、研究と結びつけましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る