戻る

科 目 名  国際政策課題演習U:伊藤ゆ
担 当 者  伊藤 ゆかり
開 講 期 後期 履修年次 3 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 課題演習は卒業研究につながる演習として、調査研究のための資料収集や分析方法、そして研究論文の作成方法を学ぶことを目的とする。学生は、アメリカ文学・文化、演劇などに関する問題やテーマを自ら選択したうえで、調査研究を実施し、研究報告を行い、文献の読み方についても学習する。また、学習テーマに応じて、参考文献の輪読を行い、文献の読み方についても学習する。
 学士専門力:
 国際コミュニケーションコース「能動的実践力」「専門的問題解決能力」
 国際ビジネス・観光コース「能動的実践力」「専門的問題解決能力」
 地域マネジメントコース「能動的実践力」「専門的問題解決能力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・卒業論文のための資料検索方法、執筆計画の立て方を習得する。
 ・卒業論文につながるテーマについて、知識と理解を深める。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・自らの関心と問題意識を明確にし、4年次の卒業論文執筆につなげることができる。
【授業内容】
 後期の課題演習では、卒業研究のテーマを決めるための準備を始める。学生が関心をもっているテーマを持ち寄り、それについて話し合ったり、関係する文献を読んだりする中で、各自に適した研究分野を絞り込むことをめざす。ある程度テーマが決まった段階で、図書館を利用した資料検索方法を学ぶ。また授業の中で、卒業研究の執筆計画の立て方、書式なども取り上げる。
 
 【授業外の学修】
 ・各自の卒業研究のテーマ候補について、資料を集め、文献を読む。
 ・卒業研究のテーマ候補について、授業で報告する準備を行う。
 ・後期末までに卒業論文執筆計画をまとめる。
【教育方法】
 学生による報告とそれに関する話し合いを中心としつつ、適宜個人指導を行う。
【評価方法】
 (知識・理解)
 授業への参加(報告、話し合いへの参加等)40%、レポート10%で評価する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業への参加(報告、話し合いへの参加等)40%、レポート10%で評価する。
【必携図書】
 特になし。
【参考図書】
 授業の中で適宜指示する。
【履修上の注意】
 特になし。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 卒業研究に向けて、しっかりと準備をしましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る