戻る

科 目 名  国際政策課題演習T:平野
担 当 者  平野 和彦
開 講 期 集中 履修年次 3 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 中国、台湾、日本の近代化を中心に調査し、今日的課題について理解することを目的とする。また、こうした課題が現代の日本と東アジアの問題にどのように資することができるかどうかを検証する。
 学士力:「国際政策教養力]
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 日本の近代化に大きな役割を果たした人物について、その思想や時代背景などを精査する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 近代の捉え方を身に着ける。
 (態度・志向性)
 東アジアの多くの華人地域に対する興味を持つこと。
【授業内容】
 明治時代に行われた日本の政策や文学者、言語学者、芸術家について、文学、芸術等各分野について各自がテーマを選択して文献検索、読解、を加え発表をしていく。単なる歴史問題や政治経済の問題は、別コースで研究すること。
 
【教育方法】
 1、テーマ選定。
 2、文献紹介。
 3、中国の文献紹介。
 4、台湾の文献紹介。
 5、問題意識の集中する文献の中からポイントを抽出する。
 6、日中台の認識の違いを文化的背景から考察する。
 7、調査・発表・討論。
 8、調査・発表・討論。
 9、調査・発表・討論。
 10、調査・発表・討論。
【評価方法】
 (知識・理解)
 日本の近代について知識と理解を得ること。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 近代東アジアについて考えること。
 (態度・志向性)
 アジアに目を向ける姿勢を持てること。
【必携図書】
 授業時に指導。
【参考図書】
 新編原典中国近代思想史。
 その他授業時に指示する。
【履修上の注意】
 中国語基礎科目8単位以上。中国語現地演習参加。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 明確なテーマ設定ができ、中国語、華語文献を読むことに躊躇のない学生の履修を求める。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る